梅宮大社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    梅宮大社
    [梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は、京都市右京区にある神社である。式内社二十二社の一社で、旧社格官幣中社。現在は神社本庁に属さない単立神社となっている。酒造の神、また子授け・安産の神として信仰されている。
    祭神
    祭神は本殿相殿ともに4柱。檀林皇后が当社の砂を産屋に敷きつめて仁明天皇を産んだことから、子授け・安産の神としても信仰されるようになった。
    本殿
    ●酒解神(さかとけのかみ) – 大山祇神。初めて酒を作って神々に献じた、酒造の祖神
    ●酒解子神(さかとけごのかみ) – 木花咲耶姫命。酒解神の御子神
    ●大若子神(おおわくごのかみ) – 瓊々杵尊。酒解子神の夫
    ●小若子神(こわくごのかみ) – 彦火火出見尊。酒解神の孫
    相殿
    嵯峨天皇
    橘清友 – 橘嘉智子の父
    橘嘉智子(檀林皇后) – 嵯峨天皇の后
    丸仁明天皇 – 嵯峨天皇の子
    歴史
    県犬養三千代により橘氏一門の氏神として山城国相楽郡に創建されたのに始まる。平城京への遷都の際に、県犬養三千代の娘である光明皇后牟漏女王によって奈良遷座し、さらに木津川の上流に遷座した。平安京遷都の際、橘氏の出の壇林皇后によって現在地に遷座された。以後、橘氏の氏神社として崇敬を受けた。
    延喜式神名帳』では「山城国葛野郡 梅宮坐神四座」として名神大社に列し、仁明天皇の外戚の氏神として二十二社にも列した。摂関時代に入ってからは橘氏に代わって藤原氏祭祀を行うようになった。1871年(明治4年)に梅宮神社として官幣中社に列した。1951年(昭和26年)に梅宮大社と改称した。
    境内
    境内の主要社殿は、元禄11年(1698年)の火災による焼失のため、元禄13年(1700年)に再建されたものであるという。ただし拝殿は文政5年(1822年)の再造営時のものとされる。本殿は三間社流造で、屋根は檜皮葺。拝殿は桁行三間・梁行三間の入母屋造で、妻入、屋根は銅板葺。随身門は三間一戸の楼門で、入母屋造、屋根は本瓦葺。随身門内の左右には随身として豊磐間戸命奇磐間戸命の2神の神像が安置されている。以上の本殿・拝殿・随身門は、境内社の若宮社・護王社とともに京都府登録文化財に登録されている。
    本殿の東側には「またげ石」と称される2個の丸石があるが、これを跨げば子が授かるとして信仰されている。また本殿の西側には「影向石(ようごうせき)」と称される3個の石があるが、これらは熊野から飛来したカラス3羽が石と化したものと伝える。そのほか境内の東側から北側にかけては神苑が整備されており、四季折々の植物が植えられている。
    境内にはネコが十数匹飼われており、NHK-BSの番組『岩合光昭の世界ネコ歩き・京都の四季』(2017年5月5日放送)でも紹介された。
    一の鳥居・wikipedia-photo、大鳥居・wikipdia-photo、随身門(京都府登録文化財)・wikipedia-photo、「拝殿(手前)と本殿(右奥)(いずれも京都府登録文化財)」・wikipedia-photo、「奥に本殿(京都府登録文化財)、手前に拝所(唐破風造の建物)」・wikipedia-photo
    摂社
    ●若宮社 – 本殿向かって右側に鎮座。祭神の橘諸兄(葛城王)は橘氏の祖。社殿は一間社流造で、屋根は檜皮葺。社殿は京都府登録文化財に登録されている。若宮社(京都府登録文化財)・wikipedia-photo
    ●護王社 – 本殿向かって左側に鎮座。祭神の橘氏公は橘氏の大学別曹である学館院の創建者。また、橘逸勢は嵯峨天皇の側近で三筆の一人。社殿は一間社春日造で、屋根は檜皮葺。社殿は京都府登録文化財に登録されている。護王社(京都府登録文化財)・wikipedia-photo(護王社門前のカメラ・https://goo.gl/maps/R4dVrUP9GAq)
    末社
    ●稲荷社・wikipedia-photo
    ●西梅津神明社・wikipedia-photo  (wikipedia・梅宮大社より)]

    梅津六斎念仏
    [京都市で行われる六斎念仏のうち、現在指定を受けるのは、保存会15件に、これら文化財指定を受けた六斎念仏を統括する団体である京都六斎念仏保存団体連合会を加えた計16件である。このうち、西方寺、円覚寺、六波羅蜜寺を除いてはすべて芸能六斎を伝承している。
    ●梅津六斎保存会 芸能六斎 (「六斎念仏#京都の六斎念仏」より)]

    京都の六斎念仏 文化遺産オンライン

    梅宮大社ホームページ

    梅宮大社 梅

    梅宮大社 – Google Map 画像リンク

    梅宮大社資料リンク
    都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 梅宮」、「巻之四 右白虎再刻 梅宮解説

    都名所画譜」・「巻之上 梅之宮 (梅宮)

    拾遺都名所図会」・「巻之一 平安城 魂まつり (魂祭)

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「洛西梅津邑蒸講の図」(1-10)、「梅津蒸講解説・右ページ中程から」(1-11)

    佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 洛西梅宮

    カメラ北方向が梅宮大社大鳥居と楼門です。

    梅宮大社境内のカメラで、カメラ北東方向が拝殿です。

    護王社神門前のカメラで、初期設定方向が社務所です。

    東神苑のカメラ

    東神苑池中亭のカメラです。

    カメラ位置は東神苑で、カメラ西北西方向に東神苑があります。

    「梅宮大社の梅津六斎念仏《獅子と土蜘蛛》(2013.8.25)」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *