清涼寺(嵯峨釈迦堂)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    清涼寺(嵯峨釈迦堂)
    [この寺の歴史には、阿弥陀三尊を本尊とする棲霞寺(せいかじ)と、釈迦如来を本尊とする清凉寺という2つの寺院が関係している。この地には、もともと、嵯峨天皇皇子左大臣源融(みなもとのとおる、822年 – 895年)の別荘・栖霞観(せいかかん)があった。源融の一周忌に当たる寛平8年(896年)、融が生前に造立発願して果たせなかった阿弥陀三尊像を子息が造り、これを安置した阿弥陀堂を棲霞寺と号した。その後天慶8年(945年)に、重明親王妃(藤原寛子)が新堂を建て、等身大の釈迦像を安置した。一説では、「釈迦堂」の名の起こりはこの時であるという。
    棲霞寺草創から数十年後、当時の中国・に渡り、五台山(一名、清凉山)を巡礼した奝然(ちょうねん、938-1016)という東大寺出身の僧がいた。奝然は、宋へ渡航中の985年、台州開元寺で現地の仏師に命じて1体の釈迦如来像を謹刻させた。その釈迦像は、古代インド優填王(うてんおう)が釈迦の在世中に栴檀(せんだん)の木で造らせたという由緒を持つ霊像を模刻したもので、実は模刻像と霊像とが入れ替わったとする縁起を持つため、「インド – 中国 – 日本」と伝来したことから「三国伝来の釈迦像」と呼ばれている。奝然は、永延元年(987年)日本に帰国後、京都の愛宕山を中国の五台山に見立て、愛宕山麓にこの釈迦像を安置する寺を建立しようとした。奝然は、三国伝来の釈迦像をこの嵯峨の地に安置することで、南都系の旧仏教の都における中心地としようとしたものと思われる。すなわち、都の西北方にそびえる愛宕山麓の地に拠点となる清凉寺を建立することで、相対する都の東北方に位置する比叡山延暦寺と対抗しようとした、という意図が込められていたとされる。しかし、その願いを達しないまま長和5年(1016年)、奝然は没した。かれの遺志を継いだ弟子の盛算(じょうさん)が棲霞寺の境内に建立したのが、五台山清凉寺である。
    「五台山」の額が掛かる仁王門を入ると、正面に三国伝来の釈迦像を安置する本堂(釈迦堂)があり、本堂の東側には、旧棲霞寺本尊の阿弥陀三尊像を安置していた(現在は霊宝館に安置)阿弥陀堂が、通例の阿弥陀堂とは逆に、本尊が西を向く形で配置されている。また、本堂西側には南向きの薬師寺がある。現在の本堂は元禄14年(1701年)、阿弥陀堂は文久3年(1863年)の再建である。仁王門から本堂への参道の西側には法華経に由来する多宝塔法隆寺夢殿を模した聖徳太子殿、狂言堂などがある。狂言堂は、春の大念仏の季節には賑わいを見せる。参道を挟んだ東側には、堂の正面に傅大士(ふだいし)父子像が安置された一切経蔵(輪蔵)がある。境内には以上の他、宝物を収蔵展示する霊宝館、法然上人求道青年像、豊臣秀頼首塚などがある。
    本堂・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、多宝塔・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo  (wikipedia・清涼寺より)]

    嵯峨御松明式
    [釈迦の涅槃会にちなみ、行われる行事。高さ7メートルの3本の松明に点火し、火勢の強弱でその年の農作物の豊凶を占う。また本堂前で高張提灯13基を立て、高低で米や株の相場も占う。京の三大火祭の一つ。
    ●行催事開催日: 3月15日
    ●行催事開催場所: 右京区・清涼寺
    ●交通アクセス: 京福電車「嵐山」駅下車徒歩約15分
    市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩約1分  (「嵯峨御松明式/京都府ホームページ」より)]

    清凉寺 仁王門 – Google Map 画像リンク」、「清凉寺本堂 – Google Map 画像リンク」、「清凉寺(嵯峨釈迦堂) – Google Map 画像リンク」、「清凉寺多宝塔 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北西方向が清涼寺仁王門です。

    カメラ南南東方向が清涼寺仁王門です。

    カメラ北北東方向が本堂です。

    清涼寺本堂前のカメラです。

    回廊から見る弁天堂です。

    「京都三大火祭 清涼寺 お松明式 2016/3/15」

    清涼寺資料リンク
    都名所図会」・巻之四 右白虎再刻 清凉寺 (嵯峨釈迦堂)巻之四 右白虎再刻 五台山清凉寺 (嵯峨釈迦堂)解説

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「二月十五日 嵯峨釈迦堂 柱炬火の図」(1-26)、解説・左ページ(1-23)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *