化野念仏寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    化野念仏寺
    [化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は、京都市右京区嵯峨野にある浄土宗の寺。山号は華西山。化野は東山の鳥辺野(とりべの)、洛北の蓮台野と並ぶ平安時代以来の墓地であり、風葬の地として知られる。伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったという。本尊は阿弥陀如来像(寺伝に湛慶作というが実際の作者は不明)、本堂は江戸時代正徳2年(1712年)に寂道により再建されたもの。境内の約8000体という夥しい数の石仏・石塔は、明治36年(1903年)頃に、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたものである。境内には水子地蔵もあり、地蔵菩薩(地蔵堂・延命地蔵尊)の縁日には水子供養が行われている。
    鳥居(トラナ)・wikipedia-photo、仏舎利塔・wikipedia-photo、賽の河原・wikipedia-photowikipedia-photo、賽の河原(外)・wikipedia-photo  (wikipedia・化野念仏寺より)]

    化野念仏寺ホームページ」 – 「年間行事(千灯供養)

    化野念仏寺:静寂に満ちた無常の美の世界ー京都観光街めぐり」、「京都市右京区 化野念仏寺の無数の石仏を囲む紅葉 | 美しい …

    あだし野念仏寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向、階段坂方向が化野念仏寺参道です。

    カメラ位置は化野念仏寺境内で、カメラ西北西方向突き当りが本堂、本堂右前に地蔵堂、カメラ北北西方向に鐘楼、カメラ東方向にお迎え地蔵があります。

    竹の小径(竹林道)のカメラです。

    カメラ南方向が六面六体地蔵です。

    化野念仏寺資料リンク
    拾遺都名所図会」・巻之三 後玄武・右白虎 化野念仏寺