御室仁和寺駅

マーカーは御室仁和寺駅です。

御室仁和寺駅
[御室仁和寺駅(おむろにんなじえき)は、京都市右京区御室小松野町にある京福電気鉄道北野線の駅。2007年3月18日までの駅名は御室駅(おむろえき)。駅ナンバリングはB5。その名のとおり世界遺産仁和寺の最寄り駅であり、駅前から仁和寺の山門である「二王門」が見える。
歴史
●1925年(大正14年)11月3日 – 京都電燈が経営する嵐山電鉄北野線の御室駅として開業。
●1942年(昭和17年)3月2日 – 路線継承により京福電気鉄道の駅となる。
●2002年(平成14年)- 第三回近畿の駅百選に認定される。
●2007年(平成19年)3月19日 – 御室仁和寺駅に改称。
駅構造
相対式2面2線ホームを持つ列車交換が可能な地上駅。北野白梅町駅方面行きホームにのみ駅舎がある。駅舎には改札口や出札口もあるが、現在は無人駅であり通常は使用されていない。だが、仁和寺の「さくらまつり」の時期など、特に混雑が予想される場合は、集札業務を行うこともある。この場合、改札口にスルッとKANSAI用のカード読み取り機が設置される。なお、出札口は「のりばご案内」の掲示板で塞がれている。駅舎正面に掲げられた額には御室仁和寺駅に改称になったあとも「驛室御」と旧字体・右横書きの旧駅名が掲げられたままである。
御室仁和寺駅駅舎・wikipedia-photo、帷子ノ辻方面行ホーム・wikipedia-photo、改札口越しに見える仁和寺二王門・wikipedia-photo  (wikipedia・御室仁和寺駅より)]

御室仁和寺駅 – Google Map 画像リンク

御室仁和寺駅のストリートビューで、カメラ北方向に仁和寺二王門が見えます。