愛宕山常夜燈(桂川の渡し)

マーカーは愛宕山常夜燈です。

愛宕山常夜燈(桂川の渡し)
[愛宕山常夜燈が立っているところで旧道は右へ、すぐに桂川の堤に出る。かつてはここに桂の渡しがあったのであろう。  (「山陰道(丹波街道) – 街道歩き」より)]

[桂離宮の東側には桂川。このあたりは昔、嵯峨・梅津(うめづ)と共に丹波地方から送りだされる木材の揚陸地で、桂大橋の北で楓渡(かえでのわたし)(桂ノ渡)と呼ばれた渡船もよく賑わっていたといわれています。橋の西詰めの常夜燈は川を行き来する船の安全を見守ってきた証(あかし)として、今も大切に保存されています。  (「歴史街道散歩」より)]

愛宕山大権現 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向に愛宕山常夜燈があり、カメラ南西方向が桂川です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*