愛宕神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    愛宕神社
    [愛宕神社(あたごじんじゃ)は、京都府京都市右京区にある神社。旧称は阿多古神社。旧社格は府社で、現在は別表神社。全国に約900社ある愛宕神社の総本社である。現在は「愛宕さん」とも呼ばれる。
    山城丹波国境の愛宕山(標高924m)山頂に鎮座する。古くより比叡山と共に信仰を集め、神仏習合時代は愛宕権現を祀る白雲寺として知られた。
    火伏せ・防火に霊験のある神社として知られ、「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた愛宕神社の火伏札は京都の多くの家庭の台所や飲食店の厨房や会社の茶室などに貼られている。また、「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われる。上方落語には、「愛宕山」「いらちの愛宕詣り」という噺が存在する。
    祭神
    現在は以下の神を祭神としている。
    本殿
    伊弉冉尊 (いざなみのみこと)
    埴山姫神 (はにやまひめのみこと)
    ●天熊人命 (あめのくまひとのみこと)
    稚産霊神 (わくむすびのかみ)
    豊受姫命 (とようけびめのみこと)
    若宮
    雷神 (いかづちのかみ)
    迦遇槌命 (かぐつちのみこと)
    ●破无神 (はむしのかみ)
    奥宮
    ●大黒主命(大国主命)以下17柱

    大宝年間(701-704年)に、修験道の祖とされる役小角白山の開祖として知られる泰澄によって朝日峰に神廟が建立されたのが創建とされる。
    天応元年(781年)慶俊僧都、和気清麻呂によって中興され、愛宕山に愛宕大権現を祀る白雲寺が建立された。山中には、中国の五台山に模した以下の五寺があったという。
    ●朝日峰:白雲寺(愛宕大権現)
    ●大鷲峰:月輪寺
    ●高雄山:神願寺(神護寺
    ●竜上山:日輪寺
    ●賀魔蔵山:伝法寺
    その後は神仏習合において修験道の道場として信仰を集め、9世紀には霊山として七高山の1つに数えられた。
    明治の神仏分離により、白雲寺は廃絶されて愛宕神社になると同時に、勝軍地蔵は京都市西京区大原野の金蔵寺に移された。
    明治14年(1881年)に近代社格制度において府社に列格。第二次世界大戦後は神社本庁別表神社となった。
    主な祭事
    ●鎮火祭(4月24日)
    ●嵯峨祭(5月第3・4日曜) – 野宮神社と合同。
    ●千日通夜祭(7月31日夜~8月1日早朝)- 通称 千日詣り。このときに参拝すると、千日分の火伏・防火の御利益があるとされ、毎年数万人の参拝者がある。清滝から愛宕神社への登山道は夜間のあいだ照明が点灯される。登山者は下山者に対して「おくだりやす」、反対に下山者は登山者に対して「おのぼりやす」と挨拶する慣例がある。
    ●火臼祭(11月亥の日)
    一の鳥居・wikipedia-photo、清滝口鳥居・wikipedia-photo、樒原口鳥居・wikipedia-photo、鳥居・wikipedia-photo、黒門(京口惣門)・wikipedia-photo、社殿・wikipedia-photo、社殿・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo、若宮・wikipedia-photo、奥宮・wikipedia-photo、社殿前の神明社(右)と熊野社(左)・wikipedia-photo  (wikipedia・愛宕神社より)]

    京都・愛宕山〜愛宕神社の総本社が鎮座する信仰の山〜-あの頂を越えて」、「登山日和[愛宕山] ルートガイド|eoおでかけ」、「京都・愛宕山〜愛宕神社の総本社が鎮座する信仰の山〜

    愛宕神社 鳥居 – Google Map 画像リンク」、「愛宕神社 黒門 – Google Map 画像リンク」、「愛宕神社 – Google Map 画像リンク

    愛宕神社鳥居前のカメラです。

    愛宕山ハイキングコース三合目(25丁目)休憩所前のカメラで、左方向に茶屋跡の案内板があります。

    愛宕山ハイキングコース水尾わかれ休息所前のカメラで、カメラ北方向が愛宕神社方向です。

    花売り場前のカメラです。

    愛宕神社神門(黒門)前のカメラです。

    愛宕神社鳥居前のカメラで、鳥居先に神門があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *