嵯峨嵐山文華館(旧時雨殿)

マーカーは嵯峨嵐山文華館(旧時雨殿)です。

嵯峨嵐山文華館(旧時雨殿)
[時雨殿(しぐれでん)は京都市右京区小倉百人一首をテーマとした展示、振興のための施設。
2017年3月21日に改装のため閉館し、2018年11月1日に「嵯峨嵐山文華館」と名称を改め、リニューアルオープンした。
藤原定家が百人一首を選んだ地、小倉山の麓、嵐山渡月橋の近くに位置し、財団法人小倉百人一首文化財団が設立運営する。
沿革
●2006年1月27日に開館。
●2011年4月1日より、設備の耐用年数経過のため一時休館。
●2011年7月26日開催の京都商工会議所通常議員総会にて、2011年9月からの館内改修工事、および2012年3月の再開館予定が発表された。
●2012年3月17日より、設備を改装しリニューアルオープン。
●2017年3月21日より、大規模改装工事のため休館。
●2018年11月1日より、「嵯峨嵐山文華館」としてリニューアルオープン。
技術面では任天堂が支援し、建築費用21億円は元財団理事長で任天堂相談役の山内溥個人が負担、さらに代表取締役専務の宮本茂がプロデュースを行った。
建物は1階が体験展示施設で、2階は資料展示・競技かるた用の大広間となっており、体感による百人一首の世界を楽しめる。
2012年のリニューアル後は、百人一首の博物館としての要素を前面に出し、歌仙100人や歌の場面を人形やジオラマで再現した展示、百人一首にまつわる企画展や講演・ワークショップ平安時代の装束の体験、周辺の歌碑巡りなどの観光情報案内も扱う。それと同時に役員から任天堂関係者がいなくなり、京都商工会議所や神社、仏閣等の関係者が多くを占めるようになった。
2017年3月21日から大規模改装工事のため、休館し、2018年11月1日より「嵯峨嵐山文華館」と名称を改め、リニューアルオープンした。リニューアル後は百人一首を紹介する常設展に加え、年4回開催される企画展にて日本画や書、俳句などの紹介を行っている。
時雨殿・wikipedia-photo  (wikipedia・時雨殿より)]

嵯峨嵐山文華館ホームページ

嵯峨嵐山文華館(旧小倉百人一首殿堂 時雨殿) – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が時雨殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*