東映太秦映画村

マーカーは東映太秦映画村です。

東映太秦映画村
[東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂岡町にある映画のテーマパーク。東映京都撮影所の一部を分離・一般公開したもの。
東映は1960年代後半から映画の斜陽化が顕著になると、ヤクザ映画によって観客動員を保つ一方で時代劇が斜陽になったことから、京都撮影所のオープンセットの維持を画してその一部を新設子会社の「株式会社東映京都スタジオ」に移管し、東映太秦映画村として1975年(昭和50年)11月1日に開村・公開した。
時代劇の殺陣ショーや俳優のトークショー・撮影会・握手会などのほか、スーパー戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズなどのキャラクターショー、殺陣講座などの体験企画なども行なわれている。
舞妓、姫、殿様、武士、町人、町娘など、時代劇の登場人物への変身体験ができる変身スタジオもある(予約制)。また、駕籠屋体験として実際の駕籠を運行している(有料)。
東映系列が運営していることから、東映の製作作品のロケ地として使われたり、系列会社の東映アニメーションが製作した作品(『おジャ魔女どれみ♯』など)に京都の観光名所として登場することもある。また、映画村を舞台にしたオリジナルの特撮の撮影も行われており、いくつかは市場で販売されている。
京都撮影所との関係
隣接する東映京都撮影所は東映本体の部署であり、子会社の映画村とは業務を連携しているものの、東映内部では別組織として取り扱われている。
2017年10月の組織変更に伴い、京都撮影所に「俳優部」が新設され、これまで映画村サイドで行っていた、いわゆる「東映京都所属の俳優」のキャスティング・マネージメントが京都撮影所に移管された。養成部門も2018年4月に京都撮影所側に移管される。
オープンセットでの撮影風景(2012年4月撮影)・wikipedia-photo、廓のオープンセット・wikipedia-photo、吉原通り・wikipedia-photo、港町 千鳥・wikipedia-photo、中村座・wikipedia-photo、映画文化館入口・wikipedia-photo、映画文化館内部 美空ひばり座・wikipedia-photo、からくり忍者屋敷・wikipedia-photo、忍者カフェ・wikipedia-photo、史上最恐のお化け屋敷・wikipedia-photo  (wikipedia・東映太秦映画村より)]

東映太秦映画村: トップページ」 – 「 映画村案内図

カメラ西南西方向が東映太秦映画村です。

東映太秦映画村のストリートビューです。

吉原通り前のストリートビュー

からくり忍者屋敷周辺のストリートビューです。