法輪寺道昌遺業大堰阯碑

マーカーは法輪寺道昌遺業大堰阯碑です。

法輪寺道昌遺業大堰阯碑
[道昌(798~875)は,讃岐出身で俗姓は秦氏神護寺空海(774~835)の教えを受け,秦氏の創立した広隆寺に入り復興させた。また,秦氏の建設した葛野大堰(かどのおおい)を修復し,大堰近くに創立された葛井寺を整備して法輪寺とした。この石標は道昌が造った大堰の跡を示すものである。
所在地 右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
位置座標 北緯35度00分47.9秒/東経135度40分29.3秒(世界測地系)
建立年
建立者
寸 法 高131×幅23×奥行16cm
碑 文
[南]
法輪寺道昌遺業大堰阯
調 査 2002年2月25日  (「UK024 法輪寺道昌遺業大堰阯 – 京都市」より)]

カメラ南南西方向右石柱が法輪寺道昌遺業大堰阯碑です。