法金剛院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    法金剛院
    [法金剛院(ほうこんごういん)は、京都市右京区花園にある律宗の寺院である。山号を五位山と称する。本尊阿弥陀如来、開基(創立者)は待賢門院とされる。境内に現存する浄土式庭園の一隅にある青女の瀧は日本最古の人工滝とされており、国の特別名勝に指定されている。法金剛院は、古くから名勝の地として知られる双ヶ丘(ならびがおか)の東麓にある。付近には妙心寺仁和寺などの著名寺院や史跡も多い。この地には平安時代初期の貴族清原夏野(782年 – 837年)の山荘があり、夏野の死後、山荘を寺に改めたものが当寺の前身であるという。20年ほど後の天安2年(858年)、文徳天皇の発願で伽藍を建立し、天安寺と称した。その後、寺運は衰えたようだが、3世紀ほど経た平安時代末期の大治5年(1130年)、待賢門院(1101年 – 1145年)により再興された。 待賢門院は藤原氏の出身で、鳥羽天皇中宮であり、崇徳天皇後白河天皇の母である。最盛期の法金剛院には九体阿弥陀堂、丈六阿弥陀堂、待賢門院の御所などが立ち並んでいたというが、度重なる災害により、壮観だった当時の面影はない。なお、平安末期の浄土式庭園の遺構が1968年に発掘・復元されている。現存する阿弥陀如来像は像高2.2メートルを超える大作で、丈六阿弥陀堂の本尊と推定されている。
    礼堂・wikipedia-photo、庭園・wikipedia-photo、青女の瀧・wikipedia-photo  (wikipedia・法金剛院より)]

    法金剛院の待賢門院桜 – 巨樹と花のページ」、「『京都を歩く(84) 法金剛院「待賢門院桜」~極楽浄土の庭園に

    法金剛院 – Google Map 画像リンク

    法金剛院山門前のストリートビューです。

    法金剛院拝観受付門前のストリートビューです。

    法金剛院枝垂桜の360citiesです。