滝口寺

マーカーは滝口寺です。

滝口寺
[滝口寺(たきぐちでら)は、京都市右京区にある浄土宗の寺院。山号は小倉山。本尊阿弥陀如来
元々はa href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/法然”>法然の弟子・良鎮が創建した往生院の子院三宝寺跡を引き継いで今日に至る。明治時代廃仏毀釈により一時廃寺となるが、昭和の初期に再興された。『平家物語』の斎藤時頼(滝口入道)と建礼門院の侍女横笛の悲恋の寺として知られている。また、新田義貞の首塚もある。  (wikipedia・滝口寺より)]

[滝口寺は、京都嵯峨野の小さな山寺です。檀林寺の前から祇王寺へ向かう石段を登り、さらにちょっと登ったところにあります。目立たない寺です。しかし、俗気がなく、庭は美しく、個人的には京都の本当に素敵な寺のひとつに数えてよい、と思っています。
この寺には、ある悲恋の伝説が残されています。平安時代末期、御所の警護にあたった滝口の武士、斉藤時頼と、平清盛の二女・徳子(のちの建礼門院)付きの女官、 横笛にまつわるもので、『平家物語』に描かれ、のちに明治時代の先駆的な文芸評論家、高山樗牛(たかやま ちょぎゅう)によって、小説とされました。  (「滝口寺:滝口入道と横笛の悲恋伝説ー京都観光街めぐり」より)]

滝口寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が祇王寺・滝口寺参道です。

祇王寺のストリートビューですが左方向に行くと滝口寺になります。

滝口寺資料リンク
都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 三宝院 (滝口寺)」、「巻之四 右白虎再刻 三宝院 (滝口寺)解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*