琴きき橋跡

マーカーは琴きき橋跡碑です。

琴きき橋跡
[琴の名手として知られた小督(生没年未詳)は,高倉天皇(1161~81)の寵愛を受けたが,中宮(平徳子)の父平清盛(1118~81)の逆鱗に触れ,内裏を出て嵯峨野に隠れ住んだ。天皇から捜索の命を受けた源仲国(生没年未詳)は,彼女の琴の音を頼りに居所を尋ね当てたという。この石標は小督の弾く「想夫恋」を仲国が聞いたと伝える橋跡を示すものである。
所在地 右京区嵯峨天龍寺造路町(渡月橋北詰)
位置座標 北緯35度00分49.1秒/東経135度40分41.3秒(世界測地系)
建立年 1980年
建立者 (京都西ロータリークラブ)
寸 法 高138×幅24×奥行24cm
碑 文
[北]
琴きゝ橋跡
[東]
一筋に雲ゐを恋ふる琴の音に
ひかれて来にけん望月の駒
[西]
一九八〇年二月二十三日
国際ロータリー創立七十五周【以下埋没】
調 査 2002年2月14日  (「UK016 琴きき橋跡 – 京都市」より)]

カメラ南東方向が琴きき橋跡碑です。