竜門橋(歌詰橋)

マーカーは竜門橋(歌詰橋)です。

竜門橋(歌詰橋)
[つぼの内にほひし
  花はうつろひて
 霞ぞ残る春のしるしに
歌人西行がこの橋のたもとにあった酒屋で歌を読みあい、この歌の返歌に詰まったとの伝説がある。
歌詰橋は、それに因んで付けられた名。後に天龍寺ができ、その門前に当たるところから、竜門橋と呼ぶようになったといわれる。
                    京都市  (「歌詰橋(京都市右京区) – すさまじきもの」より)]

カメラ北方向に竜門橋(歌詰橋)案内板があります。カメラ東方向が竜門橋(歌詰橋)です。