羽田酒造

マーカーは羽田酒造です。

羽田酒造
[京都中心部より北西へ車で約1時間。羽田酒造は、北山杉が整然と空を衝く美しい山間を北上した京北にあります。森林に囲まれた街の中心に桂川上流域の清らかな水が流れています。蔵のすぐ東には上桂川支流の弓削(ゆげ)川が流れ、四季の移ろいを告げてくれます。澄んだ空気、清らかな水、そしてマイナス10度位まで冷え込む冬の厳しい寒さなど、里山の豊かな自然が酒造りの大きな助けになっているのです。
周りが森林に囲まれた京北は桂川上流域の清らかな水に恵まれています。その水質は、6月初旬から7月初旬頃になると満天の星空の下でホタルが乱舞するほどの清流なのです。
京都・伏見の水は、鉄とマンガンが少なく、カルシウムや重炭酸が適度に入っている軟水で柔らかいのが特徴ですが、羽田酒造が仕込みに使う上桂川の伏流水は、市内の水より少しミネラルが高めの中硬水(硬度130度)。この水から醸し出される酒は、絶妙な酸の味わいと、きめ細やかで喉ごしの良いキレのある味わいが特徴です。
蔵の敷地内には京都が誇る「祝米」の田園が1.5反(約15アール)あります。この田では、蔵人が土作りから収穫にこだわり、丹精込めて米造りを行っています。「祝米」は野条穂の純系より派生した品種。心白が非常に大きく低蛋白質で、酒造適正が高い吟醸酒向きの酒米です。背が高く倒れやすいため、非常に手がかかることから蔵人の「祝米」へのこだわりは徹底しております。地産・自作へのこだわりの精神はここにはじまるのです。
昭和8年(1933)に京都府立農事研究場丹後分場(原・京都府丹後研究所)で生まれた「祝米」は良質酒米として伏見の酒蔵で最も多く使用されていました。しかし、戦後の食糧難の時期に一度姿を消し、昭和30年(1955)から再び栽培されるようになりましたが、稲の背丈が120cm~130cmと高いため機械化にそぐわず、昭和48年(1973)を最後に再び姿を消しました。
その後、地産の機運が高まり、平成4年(1992)から再び栽培が開始されました。平成24年(2012)には、「祝米」で造る「京都の酒」とともに、高品質で安全・安心な「祝米(酒米)」「京の酒」が京のブランド産品に仲間入りいたしました。
創業120年余り、京北の地で昔ながらの酒造りを続けています。「昔ながらの手洗いを守る洗米」、「木桶を使う醸造」など、伝統を守り技を磨いてきました。このこだわりの歴史そのものが現在の品質に結集されています。  (「蔵のこだわり|羽田酒造 | 羽田酒造」より)]

羽田酒造(有) – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が羽田酒造です。