花園大学歴史博物館

マーカーは花園大学歴史博物館です。

花園大学歴史博物館
[花園大学歴史博物館(はなぞのだいがくれきしはくぶつかん)は、京都市中京区にある花園大学が2000年に創設した博物館(博物館相当施設)。仏教系大学初のユニバーシティー・ミュージアムである。
花園大学の調査・研究活動によって蓄積された資料を広く公開し、大学教育だけでなく、市民に開かれた大学の中核施設として、展示活動や教育活動を行っている。
主に文学部文化遺産学科・日本史学科の教員が運営に携わっているが、展示活動等に学生・大学院生を中心としたボランティア・スタッフが参加しているのも特徴のひとつで、学芸員などを目指す学生が実物に触れながら実践的に学ぶことができる場ともなっている。
開館時間
10時00分~16時00分(土曜日は14:00まで)
原則として、大学の開講期間のみの開館。
施設
●第1展示室(主に常設展示で使用)
●第2展示室(主に特別展・企画展で使用)
●学芸員室・展示準備室
●収蔵庫・特別収蔵庫
展示室は無聖館4階に設置。
第1展示室には、QRコードと携帯電話とを組み合わせた閲覧支援システム(文学部史学科情報歴史学コースの学生が中心になって開発)が設置されていた。
常設展示
考古学部門、民俗学部門、美術・禅文化部門、歴史学・典籍部門の4部門に関する収集資料を展示。 主なコレクションは以下の通り(コレクションがすべて展示されているわけではないので注意)。
●京都市最大の前方後円墳である伏見区桃山町黄金塚2号墳(4世紀末)出土の埴輪
  ●シャーマンらしき人物の線刻画がある盾型埴輪など
平安京右京二条三坊の発掘調査による遺物
  ●花園大学の敷地
奈良県大宇陀町の農村集落から収集した民俗資料
白隠慧鶴の墨跡
●蔡山筆「十六羅漢図」(中国・元代)
●俣賀家文書
  ●俣賀家は石見国御家人
  ●嘉禎2年(1236年)〜応仁2年(1468年)の文書22点
花園大学歴史博物館・wikipedia-photo、第1展示室・wikipedia-photo  (wikipedia・花園大学歴史博物館より)]

花園大学歴史博物館ホームページ

花園大学 歴史博物館 – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*