西明寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    西明寺
    [西明寺(さいみょうじ)は、京都市右京区にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は槇尾山(まきのおさん)、本尊釈迦如来。京都市街の北西、周山街道から清滝川を渡った対岸の山腹に位置する。周山街道沿いの高雄山神護寺、栂尾山高山寺とともに三尾(さんび)の名刹として知られる。
    寺伝によれば、天長年間(824年~834年)に空海(弘法大師)の高弟 智泉大徳が神護寺の別院として創建したと伝える。その後荒廃したが、建治年間(1175年~1178年)に和泉国槙尾山寺の我宝自性上人が中興し、本堂経蔵宝塔、鎮守等が建てられた。
    正応3年(1290年)神護寺より独立した。永禄年間(1558 – 1570年)の兵火により堂塔は焼亡し、神護寺に合併されるが、慶長7年(1602年)に明忍律師により再興された。現在の本堂は、元禄13年(1700年)徳川綱吉生母桂昌院の寄進により再建されたものと言われるが、東福門院後水尾天皇中宮)の寄進によるとする説もある。
    伽藍
    ●本堂 – 元禄13年(1700年)に徳川綱吉の生母桂昌院の寄進により再建(東福門院(後水尾天皇中宮)の寄進によるとする説もある)。桁行7間、梁行4間。堂内に釈迦如来像(重要文化財)ほかの仏像を安置する。
    ●客殿 – 本堂の左方に建つ。本堂より古く、江戸時代前期に移築された。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用された。
    ●表門 – 一間薬医門で、本堂と同じ元禄13年(1700年)の造営。
    参道・wikipedia-photo、表門・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、客殿・wikipedia-photo、境内風景・wikipedia-photo  (wikipedia・西明寺_(京都市)より)]

    西明寺 紅葉 京都の秋の癒しの彩りと苔」、「西明寺(京都市右京区) ( 京都府 ) – 三日月の館 3 – Yahoo!ブログ

    資料リンク
    都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 槙尾山西明寺 (西明寺)」、「巻之六 後玄武再刻 槙尾山平等院 (西明寺)解説

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 栂尾門前雨中

    佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 高雄の丹楓」、「一般公開コレクション – 都名所百景 – 洛北栂尾

    カメラ西北西方向が西明寺参道です。

    西明寺境内の鳥瞰カメラです。カメラ初期設定方向が本堂で、本堂右が聖天堂、本堂左が客殿、聖天堂右に表門があります。カメラ位置は鐘楼の上空になります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *