西行法師庵の跡

マーカーは西行法師庵の跡碑です。

西行法師庵の跡
[歌人西行(1118~90)は俗名を佐藤義清といい,鳥羽上皇(1103~56)や徳大寺家などに仕えていたが,保延6(1140)年,出家した。以後,仏道修行と和歌三昧の生活を送り,全国各地に足跡が残されている。その一つがこの地であり,二尊院門前近くに庵を結んだとされる。この石標はその庵跡を示すものである。
所在地 右京区嵯峨二尊院門前長神町(二尊院内)
位置座標 北緯35度01分18.7秒/東経135度40分09.7秒(世界測地系)
建立年 1963年
建立者 二尊院保存会
寸 法 高152×幅31×奥行21cm
碑 文
[北]
西行法師庵の跡
[南]
昭和卅八年九月二尊院保存会
調 査 2002年2 月12日  (「UK006 西行法師庵の跡 – 京都市」より)]

カメラ位置は二尊院門内参道で、カメラ南南西方向に西行法師庵の跡碑があります。