陶工仁清窯址碑

マーカーは陶工仁清窯址碑です。

陶工仁清窯址碑
[野々村仁清(生没年未詳)は,丹波国北桑田郡野々村(現京都府美山町)出身と伝える。名は清右衛門。瀬戸で修業し,京都粟田口に出て製作を始めた。正保年間(1644~48)仁和寺門前に御室窯を開き,茶匠金森宗和の指導で茶器を焼き,轆轤成形と色絵付に卓越した才能を発揮した。仁和寺門跡から「仁」の字を与えられ仁清と号した。この石標はその窯跡を示すものである。
所在地 右京区御室竪町
位置座標 北緯35度01分32.6秒/東経135度42分56.3秒(世界測地系)
建立年 1915年
建立者 (京都市教育会)
寸 法 高118×幅18×奥行17cm
碑 文
[西]
陶工仁清窯址
[南]
大正四年十一月建之 京都(以下未確認)
[北]
【未確認】
調 査 2002年2月5日  (「UK001 陶工仁清窯址 – 京都市」より)]

カメラ東方向に陶工仁清窯址碑があります。

カメラ位置は清水寺境内で、カメラ東南東方向に仁清記念碑(HI021 仁清記念碑 – 京都市)があります。(Google Maps)