19世紀ホール

マーカーは19世紀ホールです。

19世紀ホール
[トロッコ嵯峨駅舎と並んで、19世紀の科学技術や芸術を展示している「19世紀ホール」があり、D51形などの蒸気機関車などが展示されている。駅舎内と「19世紀ホール」はつながっており、無料で自由に内部が見学できる(嵯峨野観光線の営業時のみ)。  (wikipedia・トロッコ嵯峨駅より)]

[現在の生活を支える様々な技術、世界を変えた産業革命を始めとする新しい知の歴史の始まりである19世紀は大いなる変革の世紀と言われ、19世紀を研究する19世紀学や学会も設立されるほどの世紀です。
我が国の鉄道においてもその変革のパワーは変わりなく、出現した蒸気機関は物流を大きく変え、我が国を今の技術大国に育てた一因であると言っても過言ではありません。
19世紀ホールでは、歴史を支えてきた蒸気機関車を、今も当時のまま展示するだけでなく、音楽芸術発展の一翼となったピアノや大型オルガンをも展示、優雅で贅沢な空間での一時を演出します。
ホールの入口にはSLの動輪を使ったモニュメントとともに、D51ナメクジ型の実機が展示、その迫力ある雄姿は訪れる人々の記念撮影に一役かっています。
ホール内には、ちゃんと整備された本物のSL達が、今にも動き出しそうに展示されています。SLの雄、D51をはじめ、C56C58、そして旧日本国有鉄道鷹取工場技能者養成所の生徒によって、昭和14年9月に改造された蒸気機関車「若鷹号」も展示されています。  (「19世紀ホールのご案内 | 嵯峨野観光鉄道」より)]

19世紀ホール – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が19世紀ホールです。

19世紀ホール蒸気機関車展示のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*