別表神社

「Google Earth で街並散歩(日本編)」で取り上げた、別表神社についてまとめてみました。

[別表神社とは、神社本庁が定めた、神社本庁が包括している一部の神社のことである。
昭和21年(1946年)2月2日の神社の国家管理の廃止に伴い、公的な社格の制度(近代社格制度)が廃止されたため、それに代わるものとして昭和23年(1948年)に定められた。社格制度廃止後は、全ての神社は対等の立場であるとされた(伊勢神宮を除く)。しかし、旧の官国幣社や一部の規模の大きな神社については、神職の進退等に関して一般神社と同じ扱いをすると不都合があることから、「役職員進退に関する規程」において特別な扱いをすることと定めている。その対象となる神社が同規程の別表に記載されていることから、「別表に掲げる神社」(別表神社)と呼ばれる。
別表神社は、人事の面で以下のような特別の扱いがされる。
●一定以上の基準に達すれば宮司の下に権宮司を置くことが認められる
●宮司・権宮司は明階以上の階位を有する者でなければ任用されない(一般神社では権正階以上)
禰宜は正階以上の階位を有する者でなければ任用されない(一般神社では直階以上)
権禰宜は権正階以上の階位を有する者でなければ任用されない(一般神社では直階以上)
●宮司・権宮司の在任中の身分は特級、一級・二級上以外の者は二級とする
●宮司・権宮司の任免は各都道府県の神社庁長の委任事項としない(神社本庁統理の直接任免とする)
当初の別表神社は旧官国幣社のみであったが、昭和26年(1951年)に「別表に掲げる神社選定に関する件」という通達が出され、官国幣社以外で新たに別表神社に加える神社の選定基準が示された。それは以下のものである。
●由緒
●社殿・境内地などの神社に関する施設の状況
●常勤の神職の数
●最近3年間の経済状況
●神社の活動状況
●氏子崇敬者の数および分布状況
この規定により、旧府県社・内務大臣指定護国神社を中心に別表神社の数は次第に増加し、平成18年(2006年)現在で353社となっている。
別表神社は社格のような神社の格付けではなく、あくまでも神職の人事のみにかかわる区別である。しかし、別表に掲げられている神社は社殿、境内、神職の数などの面で比較的大きな規模の神社であり、一般には一種の格付けとして捉えられている。  (wikipedia・別表神社より)]

京都市では賀茂別雷神社・賀茂御祖神社・白峯神宮・松尾大社・平野神社・平安神宮・八坂神社・貴船神社・大原野神社・吉田神社・北野天満宮・護王神社・建勲神社・豊国神社・愛宕神社・京都霊山護国神社の16社が別表神社として認定されています。
また、旧官国幣社で別表神社でない神社として京都市では伏見稲荷大社・梅宮大社・梨木神社の3社があります。
上記の別表神社16社のうち愛宕神社を除く15社と伏見稲荷大社・梅宮大社・梨木神社の3社を表示しました。その外鎌倉市の鶴岡八幡宮、八幡市の石清水八幡宮、奈良市の春日大社を表示しています。

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *