奈良の世界遺産

[古都奈良の文化財は、奈良県奈良市にある寺院などから構成される世界遺産(文化遺産)である。1998年12月2日に京都市で開催されたユネスコ世界遺産委員会で、日本で9件目の世界遺産(文化遺産)として登録された。
現在の構成遺産は、国宝建造物(★)があるか、特別史跡(■)に指定されているか、特別天然記念物(▲)であるものだけで構成されている。(平城宮跡の一部は特別名勝にも指定されている)
●東大寺(★) – 現在は分離して宮内庁管理となっている正倉院(★)を含む
●興福寺(★)
●春日大社(★)
●元興寺(★)
●薬師寺(★)
●唐招提寺(★)
●平城宮跡(■)
●春日山原始林(▲)  (wikipedia・古都奈良の文化財より)]

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *