唐招提寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    唐招提寺の子ページリンク
    唐招提寺(金堂)唐招提寺(戒壇)唐招提寺(鐘楼)唐招提寺(鼓楼)唐招提寺(礼堂)唐招提寺(講堂)唐招提寺(経蔵、宝蔵)唐招提寺(開山堂)唐招提寺(御影堂)唐招提寺(開山御廟)

    唐招提寺
    [唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂講堂を初め、多くの文化財を有する。唐招提寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。
    続日本紀』等によれば、唐招提寺は唐僧・鑑真が天平宝字3年(759年)、新田部親王天武天皇第7皇子)の旧宅跡を朝廷から譲り受け、寺としたものである。寺名の「招提」は、サンスクリット由来の中国語で、元来は「四方」「広い」などの意味を表す語であったが、「寺」「院」「精舎」「蘭若」などと同様、仏教寺院(私寺)を指す一般名詞として使われていた。つまり、唐招提寺という寺号は、「唐僧鑑真和上のための寺」という意味合いである。
    唐招提寺の寺地は平城京の右京五条二坊に位置した新田部親王邸跡地で、広さは4町であった。境内の発掘調査の結果、新田部親王邸と思われる前身建物跡が検出されている。また、境内から出土した古瓦の内、単純な幾何学文の瓦(重圏文軒丸瓦と重弧文軒平瓦の組み合わせ)は、新田部親王邸のものと推定されている。寺内に現存する2棟の校倉造倉庫のうち、経蔵は新田部親王宅の倉庫を改造したものと思われるが、他に新田部親王時代の建物はない。
    『招提寺建立縁起』(『諸寺縁起集』所収)に、寺内の建物の名称とそれらの建物は誰の造営によるものであるかが記されている。それによると、金堂は鑑真の弟子でともに来日した如宝の造営、食堂(じきどう)は藤原仲麻呂家の施入(寄進)、羂索堂(けんさくどう)は藤原清河家の施入であった。また、講堂は、平城宮の東朝集殿を移築改造したものであった。金堂の建立年代には諸説あるが、おおむね8世紀末と推定され、鑑真の没後に建立されたものである。伽藍の造営は鑑真の弟子の如宝、孫弟子の豊安の代にまで引き継がれた。平安時代以後、一時衰退したが、鎌倉時代の僧・覚盛によって復興された。
    ●木造釈迦如来立像 – 像高166.7センチメートル。京都・嵯峨清凉寺にある、三国伝来の霊像として信仰を集める釈迦像の様式を模した「清凉寺式」と呼ばれる形式の釈迦像である。中興の祖の覚盛が始めた釈迦念仏会(ねんぶつえ)という行事の本尊として造立されたものであり、像内納入文書により正嘉2年(1258年)の造立と判明する。釈迦念仏会に合わせ、10月21日 – 23日のみ公開される。  (wikipedia・唐招提寺より)]

    グーグル・アート・プロジェクト – World Wonders – 「古都奈良の文化財:唐招提寺

    唐招提寺ホームページ

    唐招提寺(南大門)
    [唐招提寺南大門 – 1960年の再建]

    唐招提寺南大門 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が唐招提寺南大門です。

    唐招提寺の資料リンク
    大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「唐招提寺」(3-13)、「鑑真和尚遣唐使同船より来朝」(3-15)、「唐招提寺解説・右ページ中程から」(3-14)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *