長谷寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    長谷寺
    [長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊十一面観音、開基(創立者)は僧の道明とされる。西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。寺紋は輪違い紋。
    大和伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬〜5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場する。中でも『源氏物語』にある玉鬘の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。
    大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺當麻寺中之坊、安倍文殊院おふさ観音談山神社久米寺)の一つに数えられる。
    長谷寺の創建は奈良時代、8世紀前半と推定されるが、創建の詳しい時期や事情は不明である。寺伝によれば、天武朝朱鳥元年(686年)、僧の道明が初瀬山の西の丘(現在、本長谷寺と呼ばれている場所)に三重塔を建立、続いて神亀4年(727年)、僧の徳道が東の丘(現在の本堂の地)に本尊十一面観音像を祀って開山したというが、これらのことについては正史に見えず、伝承の域を出ない。承和14年(847年)12月21日に定額寺に列せられ、天安2年(858年)5月10日に三綱が置かれたことが記され、長谷寺もこの時期に官寺と認定されて別当が設置されたとみられている。なお、貞観12年(870年)に諸寺の別当・三綱は太政官の解由(審査)の対象になることが定められ、長谷寺も他の官寺とともに朝廷(太政官)の統制下に置かれた。それを裏付けるように10世紀以後の長谷寺再建に際しては諸国に対しては国宛を、諸寺に対しては落慶供養参加を命じられるなど、国家的事業として位置づけられている。
    長谷寺は平安時代中期以降、観音霊場として貴族信仰を集めた。万寿元年(1024年)には藤原道長が参詣しており、中世以降は武士や庶民にも信仰を広めた。
    長谷寺は東大寺華厳宗)の末寺であったが、平安時代中期には興福寺法相宗)の末寺となり、16世紀以降は覚鑁(興教大師)によって興され僧正頼瑜により成道した新義真言宗の流れをくむ寺院となっている。天正16年(1588年)、豊臣秀吉により根来山(根来寺)を追われた新義真言宗門徒が入山し、同派の僧正専誉により現在の真言宗豊山派が大成された。近年は、子弟教育・僧侶(教師)の育成に力を入れており、学問寺としての性格を強めている。
    十一面観音を本尊とし「長谷寺」を名乗る寺院は鎌倉の長谷寺をはじめ日本各地に多く240寺程存在する。他と区別するため「大和国長谷寺」「総本山長谷寺」等と呼称することもある。
    仁王門・wikipedia-photo、長谷寺・wikipedia-photo、本堂(礼堂)を望む・wikipedia-photo、本堂(正堂)を西北から見る・wikipedia-photo、登廊(中登廊と下登廊)・wikipedia-photo、「本堂(相の間)、右は正堂、左は礼堂」・wikipedia-photo、「本堂(礼堂)内部、右方が正堂」・wikipedia-photo、本堂(礼堂)の懸造部分・wikipedia-photo、下登廊と牡丹・wikipedia-photo、下登廊・wikipedia-photo、繋屋(下登廊と中登廊の繋)・wikipedia-photo、中登廊・wikipedia-photo、蔵王堂(中登廊と上登廊の繋)・wikipedia-photo、本堂の舞台・wikipedia-photo、鐘楼(右に繋廊が接続、その右は本堂)・wikipedia-photo、三百余社・wikipedia-photo、本坊(左は大講堂、右は大玄関及び庫裏)・wikipedia-photo、銅板法華説相図・wikipedia-photo、白糸威鎧(重要文化財)・wikipedia-photo、二本の杉・wikipedia-photo  (wikipedia・長谷寺より)]

    奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺ホームページ

    長谷寺境内マップ

    長谷寺仁王門 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺登廊 – Google Map 画像リンク」、「蔵王堂 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺鐘楼 – Google Map 画像リンク」、「愛染堂 – Google Map 画像リンク」、「三社権現 – Google Map 画像リンク」、「能満院 日限地蔵尊 – Google Map 画像リンク」、「三百余社 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺 本堂 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺の舞台場 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺 大黒堂 – Google Map 画像リンク」、「開山堂 – Google Map 画像リンク」、「弘法大師御影堂 – Google Map 画像リンク」、「一切経蔵 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺 五重塔 – Google Map 画像リンク」、「六角堂寫經殿 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺本坊 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺 – Google Map 画像リンク」、「長谷寺 寒牡丹 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が長谷寺参道です。

    カメラ北西方向が長谷寺仁王門です。

    登廊のカメラです。

    カメラ南西方向左が登廊最上段にある鐘楼で、右が本堂です。

    カメラ位置は本堂の舞台です。

    カメラ初期設定方向が弘法大師御影堂で、その右が御供所で、御供所方向から反転すると開山堂があります。

    カメラ北方向が五重塔です。

    カメラ東南東方向が本坊山門です。

    カメラ初期設定方向が本坊大玄関で、左が大講堂で、右が庫裏です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *