都七福神

都七福神は、京都府京都市内の7箇所の社寺から構成される七福神めぐりの巡礼札所。七福神めぐりは、京都が発祥の地とされ、歴史の古いものとなっている。
室町時代に京都で最初に七福神信仰がおこり、それが次第に日本各地に拡がっていったといわれている。えびす神以外は中国とインド由来の神である。正月に参詣すると福がもたらされるという。また毎月7日が七福神の縁日である。
都七福神の一覧(通称(堂名)- 社寺、神、宗派、所在地)
●えびす神社 – 京都ゑびす神社、えびす、神道、京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125
●松ヶ崎大黒天 – 妙円寺、大黒天、日蓮宗、京都市左京区松ヶ崎東町31
●毘沙門堂 – 東寺、毘沙門天、東寺真言宗、京都市南区九条町1
●弁天堂 – 六波羅蜜寺、弁財天、真言宗智山派、京都市東山区五条通大和大路上ル東
●赤山さん – 赤山禅院、福禄寿、天台宗、京都市左京区修学院開根坊町18
●革堂 – 行願寺、寿老人、天台宗、京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町17
●天王殿 – 萬福寺、布袋尊、黄檗宗、京都府宇治市五ヶ庄三番割34  (wikipedia・都七福神より)]

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *