交野天神社

マーカーは交野天神社です。

交野天神社
[交野天神社(かたのあまつかみのやしろ/かたのてんじんじゃ)は、大阪府枚方市楠葉丘にある神社。旧社格は村社。
続日本紀』及び『岩清水神宮 縁起』によると、桓武天皇延暦6年(787年)、交野に父光仁天皇を祀るための郊祀壇を設けたとあり、ここがその地とされている。
本殿は1402年(応永9年)建立の一間社流造檜皮葺。隣接して末社八幡神社本殿が並んで建つ。本殿は、鎌倉時代1238年と室町時代1401年 に修理された。全体の外観は雄大な手法で鎌倉時代の様式を残し、蟇股(かえるまた)等の 彫刻は、繊細で美しいものが多く、室町時代の初期の特色を備えている。 誉田和気命(ほむたわけのみこと)を祀る末社八幡神社本殿は、本殿と同じ頃の建立と推定され、本殿よりやや小振りでほぼ同じ造りをしている。構造や形状は交野天神社に等しく、向拝の蟇股や欄間の透彫に見るべきものがある。 本殿、末社八幡神社本殿ともに1917年(大正6年)に国の重要文化財に指定された。

境内入り口・wikipedia-photo

境内鳥居・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

本殿(重要文化財)・wikipedia-photo

  (wikipedia・交野天神社より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「交野神社一宮(6巻50)

交野天神社 – Google Map 画像リンク

交野天神社参道前のカメラです。

交野天神社拝殿前のカメラです。