神輿洗い

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    神輿洗い関連リンク – 「八坂神社」、「祇園祭(八坂神社・石段下)」、「八坂神社御旅所(祇園御旅所/四条御旅所)」、「三条御供社(又旅社)」、「大政所御旅所旧跡」、「祇園祭(山鉾)」、「山鉾巡行」、「中之町御供

    神輿洗い
    [鴨川の水で神輿を清める神事。飾りを解いた状態の中御座を夕刻四条大橋へ運び出して行う。神幸祭に先立つ7月10日(先の神輿洗い)と還幸祭の後の7月28日(後の神輿洗い)の2度ある。
    これに関連する慣わしとして、「お迎え提灯」がある。これは町衆(清々講社宮本組)が神輿の到来を祝して自主的に始めた行列で、先の神輿洗いの日(7月10日)の夕方より行われ、後の神輿洗い(7月28日)には行われない。
    この神輿洗いで担がれる神輿は四基全ての神輿ではなく、素戔嗚尊をお載せする中御座(三若)、一基である。担ぎ手は神幸祭で東御座(四若)を担がれる四若神輿会が担当する。
    まず、20時頃大松明が八坂神社から四条大橋のういだの四条通を清めたあと、3基ある神輿のうち、中御座だけが代表して四条大橋まで行く。朝の神用水清祓式で汲んだ水を榊に含ませて大きく振りかざし、神輿に振り掛けることにより清める。神輿洗いの名であるが、一般的に言うところの「洗う」訳ではない。この際榊に含まれた神用水は見物人を含めた周囲の人にも掛かる。飛沫を浴びると厄除けになるという。
    7月10日
    ●神用水清祓式(10時・四条大橋および宮川町堤)。四条大橋のすぐ南の東岸に作られた祭壇で神事を行ったあと、四条大橋の上から桶を使って夜の神輿洗いで使う水を鴨川から汲み上げる。
    ●お迎え提灯(16時30分)。提灯に加え、児武者、鷺踊、小町踊らの子供たちを中心に、各山鉾町からの代表者らも加わり八坂神社から、2013年(平成25年)までの花傘巡行と同一コースを提灯行列を作って巡行する。京都市役所前で各種芸能を奉納し、八坂神社西門下に戻って神輿洗いに向かう前の神輿を迎える。
    ●神輿洗い(20時頃・四条大橋)。大松明が八坂神社から四条大橋のういだの四条通を清めたあと、3基ある神輿のうち、中御座だけが代表して四条大橋まで行く。朝汲んだ水を榊に含ませて大きく振りかざし、神輿に振り掛けることにより清める(「洗う」訳ではない)。この際榊に含まれた神用水は見物人を含めた周囲の人にも掛かる。飛沫を浴びると厄除けになるという。
    7月28日
    ●神用水清祓式(10時・四条大橋)。夜の神輿洗いで使う水を鴨川から汲み上げる。
    ●神輿洗い(20時頃・四条大橋)。7月10日の神輿洗いと同様であるが、終了後に神輿は蔵に収納される。  (wikipedia・祇園祭より)]

    祇園祭 清々講社 – 京に癒やされ by 五所光一郎 [京都ブランド …

    カメラ北北西方向四条大橋で鴨川の水を汲み上げる儀式が行われ、カメラ北北東方向東堤で神事が行われます。