上御霊神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    国立国会図書館デジタルコレクション – [洛中絵図・洛外絵図]. [2]」(コマ番号3/5・絵図勇往左・相国寺下に上御霊社が描かれています。)

    上御霊神社
    [上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)は、京都市上京区にある神社である。旧社格は府社。上御霊神社という社名は下御霊神社に対応するもので、現在は宗教法人としての正式名を「御靈神社」としている。
    祭神
    現在の祭神は以下の八柱で、「八所御霊」と称される。火雷神と吉備大臣(吉備聖霊)は後年追加された。
    ●崇道天皇(早良親王光仁天皇の皇子)
    井上大皇后(光仁天皇の皇后)
    他戸親王(光仁天皇の皇子)
    ●藤原大夫人(藤原吉子、桓武天皇皇子伊予親王の母)
    ●橘大夫(橘逸勢
    ●文大夫(文室宮田麻呂
    ●火雷神(以上六柱の荒魂。)
    ●吉備大臣(吉備真備
    祭神は9世紀前半から民衆の間で広まり、863年(貞観5年)には公式の御霊会で祭られるようになった御霊信仰が元になっている。当初の御霊会で祭られたのは崇道天皇、伊予親王、藤原夫人、観察使藤原仲成)、橘大夫(橘逸勢)、文大夫(文室宮田麻呂)の六所御霊であった。追加された二神について、火雷神は菅原道真、吉備聖霊は吉備内親王、または伝承にある井上内親王が産んだ皇子とする説、さらに火雷神は落雷を司る雷精で、吉備聖霊は鬼魅(災事を起こさせる霊力)であると解釈する説もある。
    相殿に小倉実起・小倉公連・中納言典待局・小倉季判、若宮に和光明神(菅原和子)を配祀する。
    これらの諸神は(吉備真備を除いて)いずれも政争に巻き込まれて憤死した人々で、その怨霊を慰めるために創建されたのが当社である。
    歴史
    桓武天皇の時代、各地で疫病が流行した。これは御霊祟りであるとして、貞観5年(863年)5月20日、平安京神泉苑で御霊会が催された。この時に慰霊された御霊は崇道天皇・伊予親王・藤原夫人・観察使(藤原仲成)・橘逸勢・文室宮田麻呂らであった。この御霊会が当社および下御霊神社の創祀であるとしている。
    現在の下御霊神社を下出雲寺御霊堂、当社は上出雲寺御霊堂と称した。朝廷の篤い崇敬を受け、至徳元年には正一位神階を授けられた。
    室町時代文正2年(1467年)1月18日、失脚した管領畠山政長畠山義就との私闘が当社境内の森で行われた。御霊合戦は翌年勃発の応仁の乱の前哨戦となり、応仁の乱発祥の地とされる。
    なお、延喜式神名帳に記載される出雲井於神社(式内大社)や出雲高野神社(式内小社)を当社に比定する説もあるが、継続性は不詳であり、神社側の由諸ではこれらの式内社について言及していない。
    境内
    ●西の鳥居・wikipedia-photo

    ●楼門 – 西門。寛政年間(1789年 – 1801年)に再建。wikipedia-photo

    ●四脚門 – 南門。伏見城の四脚門を移築したもの。wikipedia-photo

    ●神楽殿・wikipedia-photo

    ●本殿・wikipedia-photo

    祭事
    例祭の御霊祭は明治までは8月18日(旧暦)に行われていたが、現在では5月18日(新暦)に行われている。御霊祭は京都(洛中)で最も古い祭りと言われる。
    舞殿に置かれた3基の神輿・wikipedia-photo  (wikipedeia・上御霊神社より)]

    御霊合戦
    [文正元年(1466年)12月、畠山義就が突如大軍を率いて上洛し、千本地蔵院に陣取った。これは、文正の政変の結果に満足しない山名宗全斯波義廉の支援をうけたものであった。足利義政はこの動きに屈し、文正2年1月2日(1467年2月6日)、畠山政長管領)や、細川勝元に断ることなく、将軍邸の室町亭に畠山義就を招いた。追い討ちをかけるように足利義政は正月恒例の管領邸への「御成」を中止し、3日後の5日に畠山義就が宗全邸で開いた酒宴に出席、その席で義政は畠山義就の畠山氏総領を認め、畠山政長に春日万里小路の屋敷の明け渡しを要求させる。畠山政長は反発して管領を辞任し、後任に山名派の斯波義廉が就任した。
    細川勝元は花の御所を占拠して足利義政から畠山義就追討令を出させようとするが、富子が事前に察知して山名宗全に情報を漏らしたため失敗した。政局を有利に運んだ山名宗全は自邸周辺に同盟守護大名の兵を多数集め、内裏と室町亭を囲み足利義政に畠山政長や細川勝元らの追放を願い出た。足利義政は細川勝元の追放は認めなかったが、諸大名が一方に加担しないことを条件に畠山義就による畠山政長への攻撃を認めた。
    文正2年(1467年)1月18日(2月22日)、政長は無防備であった自邸に火を放つと兵を率いて上御霊神社(京都市上京区)に陣を敷いた。一方義就は後土御門天皇後花園上皇伏見宮貞常親王(上皇の実弟)を一つ車に御乗せして室町亭に避難させた。義政は畠山の私闘への関わりを禁じるが、宗全や斯波義廉(管領)、山名政豊(宗全の孫)、朝倉孝景らは義就に加勢した。一方勝元は義政の命令に従って援軍を出さなかった。このため勝元は「弓矢の道」に背いたと激しい非難を受けた。
    御霊社は竹林に囲まれ、西には細川が流れ、南には相国寺の堀が位置した。義就側は釈迦堂から出兵して政長を攻撃した(御霊合戦)。戦いは夕刻まで続いたが、政長は夜半に社に火をかけ、自害を装って逃走した。細川勝元邸に匿われたと言われる。  (wikipedia・応仁の乱より)]

    KA084 花御所八幡宮跡 – 京都市」、「KA030 応仁の乱勃発地 – 京都市

    上御霊神社資料リンク
    京師地圖 : 全 : 中昔 – 所蔵地図データベース」(左絵図・中央上方向、相国寺地の上に上御霊と描かれています。)

    都名所図会」・「巻之一 平安城再刻 上御霊社 (上御霊神社)」、「巻之一 平安城再刻 上御霊社 (上御霊神社)解説
    内裏之図 (御所)(拡大図)

    拾遺都名所図会」・「巻之一 平安城 御霊神事 (御霊会)」、「巻之一 平安城 魂まつり (魂祭)
    魂まつり (魂祭)(拡大図)

    [こちらからいはせてばかり魂まつり 加賀千代
    六斎念仏は毎歳七月十五日に在郷よりおのおの組を立て都の町々に出、盂蘭盆会魂祭の馳走に家々の所望により行ひける。近年はおどけ狂言をまじへて衆人の目を悦ばしむるも、三仏乗の因となる便りならんと。]

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「夏越祓之図」(6-35)

    [大祓は民間では、毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着した。民間の場合、6月のものは「夏越の祓」(なごしのはらえ)、12月のものは「年越の祓」(としこしのはらえ)と呼び分けられる。夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われる。参道の鳥居や笹の葉を建てて注連縄を張った結界内にで編んだ直径数 m ほどの輪を建て、ここを氏子が正面から最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願うという儀式である。かつては茅の輪の小さいものを腰につけたり首にかけたりしたとされる。これは、『釈日本紀逸文の『備後国風土記』に記されている疫隈国、素盞嗚神社蘇民将来伝説に由来するもので、武塔神の指示により茅の輪を腰につけたところ災厄から免れ、武塔神は自らを速須佐雄と名乗り去っていったと書かれている。  (wikipedia・大祓より)]

    楼門 – Google Map 画像リンク」、「御靈神社 (上御霊神社) – Google Map 画像リンク」、「神楽殿 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が上御霊神社参道です。また、参道左側鳥居柱前に花御所八幡宮跡石標、右側石灯籠の右に応仁の乱勃発地石標があります。

    カメラ東方向が舞殿です。

    カメラ北方向が社務所、カメラ南東方向に舞殿、カメラ西方向に手水舎が見えます。

    カメラ東方向が拝殿で、カメラ西方向が舞殿です。

    カメラ位置は本殿南で、カメラ西方向に絵馬所、その右に舞殿、左に南門(四脚門)があります。

    カメラ位置は絵馬所の南西で、カメラ南西方向に「応仁の乱勃発の地」碑があります。

    カメラ位置は本殿北東で、カメラ東方向に神明神社、その左厳島神社があります。

    福壽稲荷神社前のカメラです。