猿が辻

マーカーは猿が辻です。

京都御所トップページへ戻る」

猿が辻
[京都御所の東北角は鬼門とされ、築地塀の角を欠いて日吉山王社の神のお使いの猿を祀っています。この猿が 夜な夜なぬけだしては通行人にいたずらするため、金網で封じ込めたと伝えられています。
 幕末には、尊皇攘夷派の姉小路公知が何者かに襲われた「猿が辻の変(朔平門外の変)」はこのあたりで起こった事件です。  (「御苑案内図(猿が辻) || 京都御苑[環境省]」より)]

朔平門外の変
[朔平門外の変(さくべいもんがいのへん)は、江戸時代末期(幕末)の文久3年5月20日(1863年7月5日)、尊王攘夷を唱える過激派公家として知られた姉小路公知(右近衛少将、国事参政)が、禁裏朔平門外の猿ヶ辻(さるがつじ)で暗殺された事件。猿ヶ辻の変(さるがつじのへん)とも。一殿上人の暗殺に留まらず、当時の中央政局に大きな影響を与え、同年の八月十八日の政変が起きるきっかけにもなった。
文久3年(1863年)5月20日午後10時頃、朝議を終え、宜秋門から退出して帰宅の途に付いた姉小路公知は、禁裏の築地を北周りに通り、朔平門外を越えたあたりで覆面をした刺客3人に襲われ、顔や胸部に重傷を負った。ただちに自邸に搬送されたが、そこで絶命した。享年25。事件現場には、犯行に使われたとおぼしき刀と犯人のものと思われる木履が遺棄されていたという。
この事件が起きる以前にも、治安の弛緩や政局の激化に伴い江戸では桜田門外の変坂下門外の変といった政治的テロ事件が続発、また京都では「天誅」と称する要人襲撃事件が相次いでいた。しかし被害者の多くが幕府関係者ないし親幕府派と見られた公家武士地下人・学者などであり、加害者側が尊王攘夷過激派と思われるのに対し、朔平門外の変の場合、被害者の姉小路はむしろ当時の破約攘夷派の代表的存在であり、その点が異例であった。

    (wikipedia・朔平門外の変より)]

猿が辻 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が猿が辻です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*