因州鳥取藩京都藩邸跡

マーカーは因州鳥取藩京都藩邸跡案内板です。

因州鳥取藩京都藩邸跡
[この一帯は、江戸時代を通して三十二万石の外様(とざま)大名として因幡(いなば)・伯耆(ほうき)二国を支配した因州鳥取藩の京都藩邸があった所である。   
 京都藩邸は、古くは油小路下立売(あぶらのこうじしもだちうり・八幡町屋敷)にあったが、参勤交代で藩主が立ち寄るのは伏見藩邸であり、京都藩邸の位置付けは高いものではなかった。
 幕末期、水戸徳川家から養子に入った最後の藩主 池田慶徳(よしのり)(十二代)は、十五代将軍となった徳川慶喜の異母兄で、文久二~三年(一八六二~一八六三)頃、たびたび上洛して幕府と朝廷の間に立って周旋を行っている。
 こうして京都の政治的な重要性が増したため、元治(げんじ)元年(一八六四)二月に鳥取藩は御所の西側、東堀川通中立売(なかだちうり)下ル東側において新たな京都藩邸の工事に着手、同年四月二十一日に上棟している。藩邸の西側は東堀川通、北側は中立売通、東側は油小路通、南側は上長者町(かみちょうじゃまち)通に面し、正門は油小路通に位置していた。当時の絵図面によると敷地は三千九百三十二坪であった。
 ここ因州鳥取藩京都藩邸跡は、幕末動乱期における鳥取藩の政治的立場を偲ばせる場所である。
                京都市  (Google Map 画像より)]

[既に油小路通下立売下ル東側に京屋敷を設けていた因州鳥取藩は、文久年間(1861年-1864年)に東堀川通中立売下ル東側に広大な屋敷を建設している。この屋敷は南北を中立売通と上長者町通、東西を東堀川通と油小路に限る凡そ1町四方の大きなものであった。この屋敷を建設するために松之下町通が消滅している。なお、因州鳥取藩はさらに元治元年にも北野大将軍の西側御土居を越えた場所に新屋敷(鳥取藩池田家京衣笠屋敷)を設けている。  (「薩摩藩邸跡(二本松): 徘徊の記憶」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 文久改正新増細見京絵図大全(文久3 [1863])」(絵図中央上方向・堀川/中立売、右下に因州ヤシキが描かれています。その下方向、堀川の右、御用御屋敷左下に因州ヤシキと記述されています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(1868)」(絵図中央上方向・堀川/中立売、右下に因州屋敷が描かれています。その下方向、堀川と軍務官添屋敷の間に因州(八幡町屋敷)と記述されています。また、絵図四つ切左上、妙心寺右上にも因州屋敷が描かれています。)

カメラ南南東方向に因州鳥取藩京都藩邸跡案内板があります。

カメラ位置は油小路通/下立売通交差点で、カメラ南東方向に鳥取藩京都藩邸八幡町屋敷がありました。