岡山藩池田家京屋敷跡

マーカーは岡山藩池田家京屋敷跡です。

池田茂政
[池田 茂政(いけだ もちまさ)は、常陸水戸藩主・徳川斉昭の九男(庶子)として天保10年(1839年)、水戸藩江戸屋敷で生まれた。幼名は九郎磨。のち斉昭より偏諱を授かって昭休(あきやす/あきよし)と名乗る。
嘉永元年8月2日(1849年9月18日)、忍藩松平忠国の養子となって忠矩(ただのり)に改名する。嘉永3年9月12日(1851年10月6日)、従四位下民部大輔に叙任する。同年12月16日、侍従に任官する。安政3年12月16日(1857年1月11日)、溜間詰となる。安政6年11月23日(1859年12月16日)、安政の大獄によって父の斉昭らが処罰を受けると、幕府の顔色を窺った忠国により廃嫡され、水戸徳川家に復籍する。
文久3年2月6日(1863年3月24日)、岡山藩池田慶政の婿養子となり、池田 修政(のぶまさ/ながまさ)と名乗る。同年2月8日、慶政の隠居により家督を継いだ。これは当時の岡山藩で、尊皇攘夷かただの尊皇を行なうかで藩論がまとまらなかったため、慶政が藩士の江見陽之進の進言を容れて、尊攘派の盟主的な存在であった斉昭の子を家督に就けることにより藩論をまとめようとしたためといわれる。藩主就任時に14代将軍徳川家茂の偏諱を授かって、を茂政に改める。
慶応3年10月15日(1867年11月10日)、大政奉還にともない、朝廷から元尾張藩主の徳川慶勝らとともに上洛することを命じられる。王政復古の大号令後の慶応4年(1868年)、15代将軍だった兄の徳川慶喜追討の命が出され、岡山藩も東征軍に参加するように命じられる。しかし、慶喜の弟である茂政は兄を討つための討伐軍に加わらず、3月15日に朝廷に対して病を理由に隠退・養子届けを出し、家督を鴨方藩主であった養嗣子の章政に譲って隠居する。  (wikipedia・池田茂政より)]

池田家文庫絵図一覧 | 岡山県立図書館 | デジタル岡山大百科」 – 「屋敷図170/資料番号T5-52・京都御屋敷略絵図」(高精細画像 http://repo.lib.okayama-u.ac.jp/zoomify/T5-52.html)[武者小路、今出川通、新町通、小川通に囲われた屋敷図が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 文久改正新増細見京絵図大全(文久3 [1863])」(絵図中央上方向、村雲御所、堀川右に久世と記述されています。)

国際日本文化研究センター – [大成京細見繪圖 : 洛中洛外町々小名](慶應4・1868年)」(絵図中央上方向・堀川右に久世殿と記述されています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(明治元年・1868年)」(絵図中央上方向・堀川右、武者小路/西洞院上に備前屋敷が描かれ、堀川左、中立売猪熊左上にも備前ヤシキが描かれています。またその左方向に、池田満治郎屋敷(鴨方藩池田章政)が描かれています。)

カメラ位置は小川通/武者小路交差点で、カメラ北東方向が岡山藩池田家京屋敷跡になると思います。