北野天満宮(史跡御土居・もみじ苑)

マーカーは北野天満宮(もみじ苑)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 北野天満宮」トップページへ

御土居・京の七口」トップページへ

北野天満宮(史跡御土居)
[御土居(おどい)は豊臣秀吉によって作られた京都洛中を囲む土塁である。外側の堀とあわせて御土居堀と呼ぶ場合もある。築造時の諸文献には「京廻堤」「新堤」「洛中惣構え」などと記される。聚楽第寺町天正の地割とともに秀吉による京都改造事業の一つである。一部が京都市内に現存し、史跡に指定されている。
北野天満宮境内の御土居は、1965年(昭和40年)史跡指定
北野天満宮境内の御土居に設けられた「もみじ苑」・wikipedia-photo

初夏の「もみじ苑」・wikipedia-photo

  (wikipedia・御土居より)]

[桃山時代、豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための土塁「御土居」を築きました。その一部が残る境内の西の一帯は長らく自然林で、自生のものと後に植林されたものを含め、現在、約250本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっています。紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」や、茶室の梅交軒に設けた舞台からの眺めは絶景です。  (「境内のご案内 – 史跡御土居のもみじ苑 | 北野天満宮 」より)]

[学問の神様、菅原道真公を祀る全国天満宮の総本社である北野天満宮の秋の見どころは、紅葉の季節に特別公開される、史跡御土居のもみじ苑。御土居を埋め尽くすように、赤く染まったカエデの葉が折り重なる様子は風情たっぷり。
 夜にはライトアップも行われ、昼とは違う雰囲気のもみじ苑を堪能できる。  (「北野天満宮 もみじ苑 – 京都新聞」より)]

北野天満宮公式ホームページ」 – 「北野天満宮境内案内図

御土居(北野) もみじ苑 – Google Map 画像リンク

御土居上から見た北野天満宮本殿境内のカメラです。

北野天満宮本殿西側御土居上のカメラです。

御土居上・見晴らし台付近のカメラです。

紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*