北野天満宮(梅苑)

マーカーは北野天満宮(梅苑)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 北野天満宮トップページ

北野天満宮(梅苑)
[北野天満宮には、菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本があり、花の時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花。徐々に咲き繋ぎ、3月末頃まで長く楽しめます。  (「梅苑「花の庭」 | 北野天満宮」より)]

[北野天満宮や菅原道真は、梅および牛との関係が深い。『東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな— 菅原道真、拾遺和歌集』
道真は梅をこよなく愛し、大宰府左遷の際、庭の梅に上記の和歌を詠んだことや、その梅が菅原道真を慕って一晩のうちに大宰府に飛来したという飛梅伝説ができたことから梅が神紋となり、約2万坪の敷地には50種1500本の梅が植えられている。
菅原道真と梅との結びつきから、命日にあたる2月25日に行われる梅花祭では「梅花御供(ばいかのごく)」とよばれる特殊神饌が献供されている。これは明治以前に太陰暦が用いられていた時代には魂を「宥める」にあやかって菜種がささげられていたが、新暦になり、梅花祭の時期が変わったために梅の花が用いられるようになったとされている。なお、2012年現在では梅花祭における菜種は、神職が身に付け奉仕を行うという形で残されている。 この神饌では白梅と紅梅を男と女に見立て、土器の上に仙花紙を筒状に丸めて乗せ、玄米を流し入れた土台にそれぞれの梅の枝が挿し込まれ奉げられる。白梅を挿したものが42個作られこれを「男の御供」、紅梅を挿したものを33個作り、「女の御供」と呼んでいる。また、菅原道真が大宰府へ流された際に帯同した従者が薨去以後遺品を京都へ持ち帰り、鎮魂のために毎年収穫された米を奉げていたという伝承に基づき、大判御供、小判御供という形で現代においても神事が受け継がれており、その従者達の末裔である七保会の面々によって御調が行われている。
くわえて、この梅花祭は全国でも珍しく、貞明皇后参拝の古例に従って、天皇からでなく皇后から幣帛料が上げられている。
梅苑・wikipedia-photo

梅苑・wikipedia-photo

梅苑・wikipedia-photo

  (wikipedia・北野天満宮より)]

北野天満宮公式ホームページ」 – 「北野天満宮境内案内図

北野天満宮 梅

梅苑 – Google Map 画像リンク

北野天満宮梅苑のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*