梨木神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    梨木神社
    [梨木神社(なしのきじんじゃ)は、京都府京都市上京区にある神社である。旧社格は別格官幣社。明治維新に大きく貢献した三條實萬(さねつむ)・三條實美(さねとみ)父子を祭神とする。境内の井戸の水は「染井の水」と呼ばれ、京都三名水の一つとされる。京都三名水(醒ヶ井・県井・染井)のうち、現存するのはここだけである。 また境内には約500株の萩が植えられており、別名萩の宮とも呼ばれており、9月中旬~下旬には萩祭りがおこなわれる久邇宮朝彦親王令旨により、三条家の邸宅跡に三條實萬を祀るための社殿を造営し、明治18年(1885年)、地名からとった梨木神社の社号と別格官幣社の列格を受けて創建した。その後大正4年(1915年)、大正天皇即位を記念して、子の實美を合祀した。
    梨木神社拝所・wikipedia-photo

      (wikipedia・梨木神社より)]

    [梨木神社は「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所として知られています。
    ​境内には500株以上の萩が植えられており、しなやかにたわむ枝と可憐な花が秋らしい情景をつくり出します。
    ​毎年9月、萩の花が咲きみだれる頃に俳句・短歌の短冊が結ばれ、第3または第4日曜日前後に行われる「萩まつり」では、舞踊、邦楽、弓、居合などの奉納行事やお茶会が催され、多くの参拝者で賑わいます。
    境内
    ●染井の水 – 京都三名水の一つ
    ●歌碑 – 上田秋成、湯川秀樹
    ●愛の木 – 桂の木の葉がハート形になっている為に名付けられたとされる。
    ●天壌無窮の石碑 – 三條實萬が祈念していた軸の言葉を石に刻んだもの
    ●茶室 – 旧春興殿、虚中庵
    拝殿・wikipedia-photo  (「萩と萩まつり – 梨木神社」より)]

    梨木神社 青もみじ 京都の深い緑の時間

    梨木神社 – Google Map 画像リンク

    梨木神社一の鳥居のカメラです。

    梨木神社二の鳥居のカメラです。

    カメラ初期設定方向が梨木神社神門で、カメラ左方向に土蔵、手水舎(染井の水)が、右方向に社務所があります。

    梨木神社神門内のカメラで、カメラ北方向が拝殿です。

    拝殿西のカメラで、カメラ西方向に天壌無窮の石碑があります。

    拝所前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *