乗願寺

マーカーは乗願寺です。

国立国会図書館デジタルコレクション – [洛中絵図・洛外絵図]. [2]」(コマ番号2/5・絵図中央左方向、佛光寺通東突当り左上に乗願寺が描かれています。)

乗願寺
[加藤清正の重臣森本儀太夫とその息子右近太夫の墓があります。江戸時代の初め、右近太夫は「祇園精舎」を訪れるため、カンボジアの遺跡アンコール・ワットに出向き「父の後生を祈るため四体の仏像を納めた」という墨書を残しました。  (「39.仏光寺通界隈 – 京都市埋蔵文化財研究所」より)]

森本一房
[森本一房(もりもと かずふさ、生年不詳 – 延宝2年3月28日〈1674年5月3日〉)は、江戸時代前期の平戸藩士。加藤清正の重臣森本一久(儀太夫)の次男。右近太夫(うこんだゆう)と名乗る。
寛永9年(1632年)、カンボジア(当時は南天竺と呼ばれた)に、父の菩提を弔い、年老いた母の後生を祈念するために渡り、インド祇園精舎と思われていたアンコール・ワットの回廊の柱に墨書(落書き)を残した(十字回廊の右側。現在は上から墨で塗り潰されており、読めるような写真を撮ることは大変難しい)。
森本一房はカンボジアに渡る前、加藤家を辞して肥前松浦藩に仕えていた。主君清正が死し、父儀太夫一久も後を追うように死した後、加藤忠広の下で混乱する家臣団に嫌気がさして肥前国の松浦氏に仕えたとある。松浦氏は領内に平戸を持ち、国際的な貿易港だったこともあり、一房もまた朱印船に乗ることができたと推測される。一房は無事日本へ帰国するが、直後に始まる「鎖国」政策の一環としての、日本人の東南アジア方面との往来禁止に伴い、その後の消息は不明であったが、帰国後、松浦藩を辞した一房は、父の生誕地である京都の山崎に転居したことが明らかとなった。1674年に京都で亡くなり、1654年に逝去した父とともに墓は京都・乗願寺にある。  (wikipedia・森本一房より)]

乗願寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が乗願寺山門です。