亀屋陸奥

マーカーは亀屋陸奥です。

亀屋陸奥(かめやむつ)
[亀屋陸奥は、京都山科に本願寺が建立され(文明15年、西暦1483年)、「寺中は広大無辺、荘厳ただ仏国のごとし」と言われた頃から 本願寺に仕え、供物や諸事に携わってきました。顕如上人の時代、元亀元年(西暦1570年)に始まった織田信長石山本願寺(大阪)の 戦い(石山合戦)では、約11年のあいだ本願寺に従い、石山開城後も本願寺と共にありました。 天正19年(西暦1591年)に現在の地に本願寺が建立されると、亀屋陸奥も御用達の 御供物司として本願寺の寺内に移りました。後に、江戸時代万治(西暦1660年)の頃、豊臣秀吉聚楽第の池に浮かべて興じたという 檜造りの大きな亀(写真下右)を公家柳原家を通じて手に入れ、正徳5年(西暦1715年) には三条大納言より陸奥の大掾の御宣旨(写真下左)を賜り、以後、双方にちなんで 亀屋陸奥と名乗るようになりました。  (「亀屋陸奥ホームページ」より)]

[元亀元年(西暦1570年)に始まり、11年間続いた織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦のさなか、当家三代目大塚治右衛門春近が創製した品が兵糧の代わりとなり、 信長と和睦の後に顕如上人が『わすれては波のおとかとおもうなり まくらにちかき庭の松風』と、京都六条下間(しもつま)邸にて詠まれた歌から銘を賜り、 これが「松風」のはじまりだと伝わっています。 以来、石山籠城ゆかりの「松風」は、門徒さんにとっては本山へ 詣ったという証のようなものでした。歴史に抱かれるように生まれ、多くの人々に よって育まれた素朴な味と姿は、亀屋陸奥の代表銘菓として幾百年の時代を超えて 今も多くの人々に愛されております。  (「亀屋陸奥|松風」より)]

亀屋陸奥 (かめやむつ) – 京都/和菓子 [食べログ]

亀屋陸奥 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が亀屋陸奥(かめやむつ)です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*