八橋検校道場跡

マーカーは八橋検校道場跡碑です。

八橋検校道場跡
[八橋検校(1614~85)は江戸時代初期の盲人の箏曲家である。八橋流の創始者で「六段」の作曲家。大坂江戸で三味線や琴の奏者として名声を博した。寛文3年(1663)に京都に移り,この地に居をかまえ門人に箏曲を教授した。この石標は八橋検校の旧宅を示すものである。
所在地 下京区室町通綾小路上る西側
位置座標 北緯35度00分09.7秒/東経135度45分28.5秒(世界測地系)
建立年 2008年
建立者 井筒八ツ橋本舗・ウライ株式会社
寸 法 高103×幅17×奥行17cm
碑 文
[東]
この
あたり 八橋検校 道場の跡
[西]
井筒八ツ橋本舗
平成二十年六月建之
ウライ株式会社
調 査 2008年6月8日  (「SI042 八橋検校道場跡 – 京都市」より)]

八橋検校道場の跡 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向に八橋検校道場跡碑があります。