円山応挙宅址碑

マーカーは円山応挙宅址碑です。

円山応挙宅址碑
[円山応挙(1733~95)は丹波国出身の画家。京都石田幽汀(1721~86)に入門して,狩野派の画法を学んだ。また,宋元画の技術および西洋画の遠近法を加え,写実を重視した画風を興した。応挙とその後継者は円山派と呼ばれた。この石標は応挙の邸宅跡を示すものである。
所在地 下京区四条通堺町東入南側
位置座標 北緯35度00分14.1秒/東経135度45分48.0秒(世界測地系)
建立年 1917年
建立者 京都市教育会
寸 法 高114×幅18×奥行18cm
碑 文
    [北]
    円山応挙宅址
    [南]
     京都日報社
    寄附者 大久保作次郎
    [東]
    大正六年三月建之 京都市教育会
調 査 2002年2月5日  (「SI012 円山応挙宅址

カメラ南方向・四条SETビル地下階段前に円山応挙宅址碑がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*