北来地蔵菩薩

マーカーは北来地蔵菩薩です。

北来地蔵菩薩
[ここには、松原通堀川西入の北門前町及び来迎堂町の地蔵菩薩像二体が祀られている。
 北門前町は、松原通の南の町内で、町名は日蓮宗の大本山本圀寺の北門前に位置することに由来する。また、来迎堂町は、松原通の北の町内で、町名は天仁2年(1109)にこの地に創建された寺院である来迎堂に由来する。
 両町とも、天明8年(1788)の大火で罹災したが、町内の人々の深い地蔵信仰に支えられてつくられたといわれ、近年は、町内の古老の家で祀られていたが、堀川通の暗渠化に伴い、町内の人々によって地蔵堂が建設され、ここに安置された。
 北門前町の、地蔵菩薩像は立像、来迎堂町の地蔵菩薩像は坐像であるが、いずれも木彫で江戸時代に作られたの貴重なものである。 なお、北来の名称は、北門前町と来迎堂町の頭文字をとったもので、昭和15年(1940)から一般にこのように呼ばれている。  京都市  (「二つの町名 を併せた北来地蔵菩薩 ( 京都府 ) – おおさか村 …」より)]

北来地蔵菩薩 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向・植込みに北来地蔵菩薩を祀る祠があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*