古高俊太郎邸址の碑

マーカーは古高俊太郎邸址の碑です。

[勤王志士 古高俊太郎邸跡
 古高俊太郎は、文政十二年(1829)、近江国大津に生まれた。
 父・周蔵は近江国栗太郡物部村古高の出で、大津代官石原清右衛門に仕え、のち山代国山科毘沙門堂門跡の家臣。俊太郎も同門跡の近習となり、和歌を烏丸光徳に学び公家との交流を深めた。梅田雲浜の門で勤王思想を学び、勤王志士とも交わった。
 同士の一人、湯浅五郎兵衛の依頼で湯浅喜右衛門の養子となり枡屋湯浅喜右衛門と変名して、この地に「枡屋」を構えた。密かに武器を集め、同士と連絡を取って援助をするなど、多くの志士が集う倒幕活動の拠点となっていた。
 しかし元治元年(1864)旧暦6月5日早朝、新選組に捕縛され壬生の屯所で過酷な拷問を受けたとされる。これが三条小橋の旅館・池田屋における「池田屋事件」の端緒となったと言われる。
 元治元年(1864)禁門の変に際し洛中は大火となり7月20日、六角獄舎で処刑された。享年36歳。
 明治24年(1981)、特旨を以て正五位を贈られた。]

[古高俊太郎(1829~1864)は近江国出身の尊皇攘夷派の志士。湯浅喜右衛門と称し,京都で薪炭商を営み志士らを援助していたが,元治元(1864)年6月5日,新選組に捕えられた。これが池田屋騒動の契機となった。この石標は彼の邸宅跡を示すものである。なお,各種事典では名字を「こたか」と読むものが多い。
所在地 下京区河原町通四条上る一筋目東入南側
位置座標 北緯35度00分14.2秒/東経135度46分11.3秒(世界測地系)
建立年 1928年
建立者 京都市教育会
寸 法 高114×幅18×奥行18cm
碑 文
[北]
勤王
古高俊太郎邸址
志士
[東]
京都市教育会
[南]
【未確認】
[西]
昭和三年四月
調 査 2002年2月5日  (「SI005 古高俊太郎邸址 – 京都市」より)]

古高俊太郎邸跡 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向に古高俊太郎邸址碑と案内板があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*