岡崎藩本多家京屋敷跡

マーカーは岡崎藩本多家京屋敷跡です。

本多忠民
[本多 忠民(ほんだ ただもと)は、讃岐国高松藩主・松平頼儀の四男として誕生。岡崎藩主・本多忠考の婿養子となり、天保6年(1835年)5月1日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年5月24日、忠考の隠居により家督を継ぐ。同年12月16日、従五位下中務大輔に叙任する。
弘化3年(1846年)に寺社奉行となる。安政4年(1857年)に京都所司代に転任し、朝廷対策、特に条約締結問題で朝幕間を奔走した。万延元年(1860年)より2年ほど老中を務める。元治元年(1864年)に再任の台命が下った際は一旦は固辞しているが、結局就任した。戊辰戦争の際は岡崎藩を恭順に統一した。
明治2年(1869年)2月20日、隠居して婿養子の忠直に家督を譲った。  (wikipedia・本多忠民より)]

本多忠直
[本多 忠直(ほんだ ただなお)は、天保15年(1844年)、信濃小諸藩の第9代藩主牧野康哉の五男として生まれる。慶応3年(1867年)10月25日、岡崎藩の第5代藩主本多忠民の養子忠肇が早世したため、代わって養嗣子となる。幕末期には忠民と共に協力して藩政を行なった。慶応4年(1868年)3月12日、養父忠民に代わって上京し、新政府に恭順の意思を示した。4月には駿府城の警備を務めている。
明治2年(1869年)1月、再び上洛する。2月10日、養父忠民の隠居により家督を継ぎ、従五位下・中務大輔に叙位・任官する。2月17日、和宮親子内親王邸の警備を命じられる。6月には版籍奉還で岡崎藩知事に任じられた。その後は貧民救済、允文館・允武館創設による文武の奨励に努めている。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で藩知事を免職された。  (wikipedia・本多忠直より)]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(1868)」(絵図四つ切左下・仏光寺通、田中丁上に岡崎ヤシキが描かれています。)

カメラ位置は仏光寺通/壬生川通交差点で、カメラ北東方向が岡崎藩本多家京屋敷跡になると思います。