嶋原大門

マーカーは島原大門です。

国立国会図書館デジタルコレクション – [洛中絵図・洛外絵図]. [2]」(コマ番号2/5・絵図四つ切右上に嶋原が描かれています。)

嶋原大門
[嶋原(しまばら)は京都市下京区に位置する花街の名称。「島原」とも書く。正式名は西新屋敷といい、6つの町(上之町、中之町、中堂寺町、太夫町、下之町、揚屋町)で構成されている。嶋原は1976年に京都花街組合連合会を脱会し、現在は輪違屋のみが茶屋営業を行っている。
室町時代足利義満が現在の東洞院通七条下ルに許可した傾城町が日本の公娼地の始まりといわれる。桃山時代(1589年)には豊臣秀吉の許可を得て、原三郎左衛門らが二条万里小路(までのこうじ)に「二条柳町」を開設した。江戸時代になると六条付近に移されて「六条三筋町」と呼ばれるようになり、吉野太夫などの名妓が輩出した。ところが、1641年にはさらに朱雀野付近への移転が命ぜられ、以後「嶋原」と呼ばれた。「嶋原」の名称は、この移転騒動が島原の乱時の乱れた様子に似ていたためについたという説や、周りが田原であったため、島にたとえて呼ばれたという説など、諸説がある。新しい土地の周りは壁や堀に囲まれ、出入り口として東の大門ができた。嶋原は元禄期に最も栄えたが、立地条件が悪かったこと、また格式の高さが原因となって祇園町、祇園新地、上七軒、二条などの遊里に人が流れ、その後は幾度かの盛衰を繰り返したものの、次第に衰えていった。明治以後は公家武家の常連客がいなくなり、さらに窮状に置かれるものの「太夫道中」などの行事で支えていたが、昭和後期にお茶屋太夫芸妓の人数が減り、ついにはお茶屋組合が解散して普通の住宅地と化した。残存していた多くの建物や門も、取り壊しなどで姿を消し、現在は「大門」、「輪違屋」、「角屋」がその面影をとどめているだけである。現在もお茶屋として営業を続けているのは輪違屋のみ。すでに揚屋としての営業は行っていないが、角屋は建築物としては今も日本に唯一残る揚屋造の遺構である。
島原大門・wikipedia-photo、角屋・wikipedia-photo、輪違屋・wikipedia-photo  (wikipedia・嶋原より)]

嶋原資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 京都名所之内 嶋原出口之柳」(pdf 画像リンク)

都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 嶋原 (島原)」、「巻之二 平安城再刻  島原傾城町 (島原)
嶋原 (島原)(拡大図)

[嶋原(しまばら)
出口にて
けいせいの賢なるは此柳哉 其角]

都林泉名勝図会」・「巻之五 嶋原 (島原・一枚目)」、「巻之五 嶋原 (島原・二枚目)」、「巻之五 嶋原 (島原・三枚目)」、「巻之五 嶋原 (島原・四枚目)」(図会の解釈お勧めサイト)
嶋原 (島原・一枚目)(拡大図)

嶋原 (島原・四枚目)(拡大図)

[同所 角屋 雪興
つむ雪に尾上を思ふ庭の松  松人太夫みづから書]

国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 嶋原出口光景

島原大門 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が嶋原大門です。