川魚問屋 七條鮒定

マーカーは七條鮒定です。

川魚問屋 七條鮒定
[京都で鰻や本もろこなどの川魚問屋・七條鮒定の創業者である木下定次郎(さだじろう)は明治の初めに生をうけました。
10代の頃から京都南部桂川下流で行われていた羽束師(ハズカシ)の市でセリに参加し、鯉やふな、雑魚をリヤカーを使って京都市内に運び入れ商売を始めました。
その後、明治20年に京都市内の七条大宮に現在の店<七條鮒定>を創業いたしました。
鰻、鯉、フナ、ドジョウはもちろん、しじみ、蛤すずめ等の野鳥類から菱の実に至るまで、全国から電報や電話、国鉄を使って品物を集め、卸売を始めました。それから100年以上の月日を経て今日に至っております。  (「京都のお取り寄せ<老舗のうなぎ(鰻):七條鮒定>:店舗案内」より)]

[京都のうなぎの老舗七條鮒定は、創業100有余年の川魚問屋で、うなぎを主力に、もろこ、あゆなどの川魚の通信販売及び店頭販売を行っております。三河一色産の鰻、鮎、滋賀県琵琶湖産のもろこをはじめ、全国の新鮮な淡水魚を産地より直接仕入れ、京都伝統の風味豊かな味付けで加工・調理し全国の食卓にお取り寄せの逸品として販売しております。 (「株式会社 七條鮒定|京都ジョブナビ – 京都市」より)]

カメラ南方向が川魚問屋 七條鮒定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*