平清盛終焉推定地・高倉天皇誕生地の碑

マーカーは平清盛終焉推定地・高倉天皇誕生地の碑です。

平清盛終焉推定地 ・ 高倉天皇誕生地
[この地はもと平安京八条大路と鴨川の交点近くで、条坊表記では左京八条四坊一三町にあたります。この付近で平清盛は六十四年の生涯を閉じたと考えられています。その最期のシ-ンは、「平家物語」によってよく知られます。熱病にうなされながらも台頭する政敵 源頼朝 の追討を望み、その首級を墓前に供えよと遺言するものです。
 清盛終焉の場所については、鎌倉幕府が後世にまとめた記録「吾妻鏡」の治承五年閏二月四日条(1181年)に記載があります。
 それによると、「九条河原口の盛国が家」だとあります。これは清盛の家司平盛国亭(邸)と思われます。
 平盛国亭とすれば、ここではほかにも重要なできごとがありました。それより二十年さかのぼる永暦二年九月三日(1161年)、後白河上皇の第七皇子 憲仁親王 が産まれています。のちの高倉天皇です。生母は女御 平滋子( 建春門院 )で、清盛の正室 時子 の異母姉妹にあたります。清盛が天皇の外戚となるきっかけを得た地といえましょう。
 さて憲仁親王( 高倉天皇 )の誕生を伝えた同時代の廷臣 中原師元 の日記(「 師元朝臣記 」)によれば、平盛国亭は「 八条河原 」にあったと記されています。先の「 吾妻鏡 」の記載と異なります。どう理解すればよいのでしょうか。
 歴史学の方法では、のちに関東( 鎌倉 )でまとめられた記録より、同時代に平盛国亭と身近に接していた廷臣の日記の方が、史料価値は高いと判断されます。そのため、現段階では「 九条は八条の誤記 」というのが有力です( 高橋昌明氏「 清盛家家政の一断面 」、笠井昌昭氏編「 文化史学の挑戦 」587頁、思文閣出版、2005年 )。当地を清盛終焉の地と認識するのは以上の理由からです。
 この地は平家のふたつの邸宅群、六波羅地区と西八条地区のほぼ真ん中にあたり、両者に目配りをするには好都合だったのかもしれません。
 なおその遺骸は「 平家物語 」によれば洛東愛宕( 現東山区六道珍皇寺付近 )で火葬され、摂津国 経の島( 現兵庫県神戸市兵庫区切戸町付近 )、「 吾妻鏡 」によれば山田の法華堂( 現神戸市垂水区西舞子付近 )に納骨されました。
 当地は歴史や文学の重要な舞台地にほかならず、永くこれを顕彰するため建碑いたすものです。
   2012年( 平成24年壬辰 )12月  特定非営利活動法人京都歴史地理同好会理事長 中村武生  (「平清盛終焉推定地 ・ 高倉天皇誕生地 ( 京都市下京区 ): 全国 史跡・名所」より)]

カメラ西方向が平清盛終焉推定地・高倉天皇誕生地の碑です。