平等寺

マーカーは平等寺です。

国立国会図書館デジタルコレクション – [洛中絵図・洛外絵図]. [2]」(コマ番号2/5・絵図中央左方向に平等寺 因幡堂と描かれています。)

平等寺
[平等寺(びょうどうじ)は、京都市下京区にある真言宗智山派の寺院。山号は福聚山。本尊薬師如来。因幡堂、因幡薬師の名で親しまれている。観音堂(十一面観音像を安置)は洛陽三十三所観音霊場の第27番札所である。京都十三仏霊場第7番。
『因幡堂縁起』(『山城名勝志』所収)、『因幡堂縁起絵巻』(東京国立博物館蔵)などに創建の由来が書かれている。縁起は諸本によって内容に若干の違いがあるが、おおむね次のような話である。
大納言橘好古(たちばなのよしふる)の孫である少将橘行平(ゆきひら)は、長徳3年(997年)、因幡国司としての任を終えて京に帰ろうとしていたところ、重い病にかかった。ある夜、行平の夢に貴い僧が現れ、「因幡国の賀露津(かろのつ)の浦に貴い浮き木がある。それは仏の国(インド)から衆生を救うために流れついたものである。それを引き上げてみよ」と言う。行平が賀露津の漁師に命じて、波間に光るものを引き上げてみると、それは等身の薬師如来の像であった。この薬師像を祀ったところ、行平の病は癒え、京に帰ることができた。この薬師像は天竺(インド)の祇園精舎の四十九院の1つ、東北療病院の本尊であった。行平は薬師像をいずれ京に迎えると約束して因幡を後にしたが、その後因幡を訪れる機会がないうちに長い歳月が過ぎた。その後、長保5年(1003年)4月7日のこと、行平の屋敷の戸を叩く者がある。戸を開けてみると、それは因幡からはるばる虚空を飛んでやってきた薬師像であった。行平は高辻烏丸の屋敷に薬師像を祀った。これが因幡薬師平等寺の起源であるという。』
なお、薬師如来像が引き上げられた年を天徳3年(959年)とし、行平は命で因幡国一宮に参拝し、京に帰ろうとした際に病気になったとする縁起もある。一説に薬師仏は因幡国にあった在地豪族・因幡氏氏寺の薬師寺に安置されていたといい、行平が京都へ持ち去ったとされる。
南都における寺院勢力の強勢振りを嫌い、平安京内には、官寺である東寺西寺以外に寺院を建立することは禁止されていた。ただし、貴族の持仏堂は、建立が認められていた。本寺も、これに相当する。また、六角堂(頂法寺)や革堂(行願寺)のような、町堂(辻堂)の建立も認められていた。因幡堂も、これらと並んで町衆の信仰を集めた町堂の代表格である。平等寺の寺号は、承安元年(1171年)に高倉天皇によって下賜されたものである。
平等寺・wikipedia-photo

  (wikipedia・平等寺_(京都市下京区)より)]

平等寺ホームページ

平等寺資料リンク
都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 因幡薬師 (因幡堂)」、「巻之二 平安城再刻 因幡堂平等寺 (因幡堂)解説
因幡薬師 (因幡堂)(拡大図)

平等寺(因幡堂) – Google Map 画像リンク」、「因幡薬師 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が平等寺です。

因幡堂前の360citiesです。

平等寺本堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*