広瀬藩松平(越前)家京屋敷跡

マーカーは広瀬藩松平(越前)家京屋敷跡です。

松平直諒
[松平 直諒(まつだいら なおあき(なおよし))は、出雲広瀬藩第8代藩主・松平直寛の長男。
有能で、俳諧・絵画・書道を嗜むなど多趣味な人物で、歴代藩主のほとんどが江戸定府していたのに対して、直諒は嘉永3年(1850年)に父が死去して家督を継ぐと、ただちに国元に入って製糸業や製油業、和紙、鋳物、陶器、織物(広瀬絣)等の産業奨励、文化の奨励などを行い、領民に善政を敷いた名君であった。このため、領民も直諒を暖かく出迎えたという。文久元年(1861年)9月5日(異説として7月19日)に広瀬にて死去した。享年45。跡を弟の直巳が継いだ。
直諒の文化政策の遺構は、現在においても広瀬町(安来市)に現存している。ちなみに直諒だけが歴代で唯一、広瀬町に墓所が存在する。  (wikipedia・松平直諒より)]

松平直巳
[松平 直巳(まつだいら なおおき)は、8代藩主・松平直寛の十一男として誕生した。
文久元年(1861年)、兄・直諒の死去によりその養子として家督を継いだ。しかし兄のように有能ではなく、幕末期の政局に耐えられる人物ではなかったため、藩は混乱したという。しかし家老の岩崎広勤の手腕により、医学所や洋学所を設置して人材育成に努めた。明治2年(1869年)の版籍奉還で広瀬藩知事となる。明治4年(1871年)の廃藩置県で東京に移住した。  (wikipedia・松平直巳より)]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図四つ切左下・本願寺御門跡左下に廣瀬ヤシキと記述されています。)

カメラ位置は七条壬生交差点で、カメラ南西方向が広瀬藩松平(越前)家京屋敷跡になると思います。