徳正寺(細川勝久邸跡)

マーカーは徳正寺です。

徳正寺
[細川の井(富小路通四条下る 徳正寺内)
安阿弥(快慶)作の阿弥陀如来が伝わる徳正寺は細川勝久の邸宅跡に立っており、「題徳正寺細川井」と記された碑が建っている。  (「京都市下京区役所:下京再発見-井戸・水址めぐりコース-」より)]

細川勝久
[応仁の乱で細川勝久は京兆家の細川勝元の指揮下で東軍の有力武将として戦っている。応仁元年(1467年)5月26日には洛中の戦闘(上京の戦い)が始まった。勝元は相国寺に本陣を定め、東軍の武田信賢らが花の御所(室町殿)に西面する山名宗全方の一色義直の邸を襲撃し焼き払った。これに対し山名、畠山斯波勢ら西軍は応戦し、一条大宮の勝久邸を攻撃した。京極武田赤松勢も加わり戦闘は激化したが、5月27日から28日にかけて勝久、教春淡路守護細川成春ら細川一門の邸が炎上している。勝久邸跡には徳正寺(富小路通四条下ル)があり、「題徳正寺細川井」と記された碑が建立されている。  (wikipedia・細川勝久より)]

上京の戦い
[1月の御霊合戦畠山政長は政敵の畠山義就に敗れ細川勝元の屋敷に匿われたが、室町幕府8代将軍足利義政が事前に互いの援助を禁じていたため戦乱は両者の争いに止まり、合戦後は両者の支持者であった勝元と山名宗全及びそれぞれの派閥に属する大名達が義政の下へ伺い、平和裏に幕府と朝廷の行事が執り行われていった。2月24日には義政の弟の足利義視が勝元と宗全の調停を済ませ戦乱は収まったかに見えた。
しかし不穏な情勢は続き、3月3日の節句に細川派は欠席、細川派と山名派の被官が争い山名派の被官が殺害される事件が発生、山名派の兵糧を細川軍が奪ったり、畠山義就の家臣が細川派の被官を襲ったりして京都の治安は悪化した。5月に入ると勝元は巻き返しを図り、諸大名を地方に派遣させ山名派の基盤を崩す戦略を取り、斯波義敏斯波義廉の領国越前へ、赤松政則の家臣宇野政秀は宗全の領国播磨へ、土岐政康一色義直の領国伊勢へ攻め入った。合わせて勝元は諸大名の上洛を要請、宗全も軍勢を動員して京都に集結させた。両軍の総勢は東軍16万、西軍11万とされている。
両軍の本陣及び勢力範囲も定められ、細川派は勝元邸と花の御所を中心とした京都北部から東を、山名派は京都西部を流れる堀川西岸に建てられた宗全の屋敷と京都中央にある斯波義廉の屋敷を拠点に西部と中央を固めた。こうして両陣営の縄張りは大体決まり、勝元と宗全の屋敷の位置からそれぞれ東軍・西軍の呼称で表された。
5月26日、戦端が開かれたのは上京であり、東軍の武田信賢は夜明け前に堀川支流の小川西岸の実相院を、政長の側近成身院光宣は東岸の正実坊を占拠した(政長は勝元の軍勢動員に伴い復帰)。これは義政が居住している花の御所の左隣に位置する一色義直の屋敷を占拠する狙いからであり、足掛かりを築いた武田軍は夜明け頃に一色邸を奇襲、義直は反撃出来ず山名宗全の屋敷へ逃亡した。これで東軍は義政を確保し西軍討伐の大義名分を得た。山名軍は実相院・正実坊の奪還に向かったが、東軍の反撃で宗全邸付近まで退却した。
続いて中央の一条大宮で市街戦が行われ、勝元の同族の備中守護細川勝久の屋敷は堀川西岸にあり、西軍の勢力圏にあり孤立していたため、西軍はこの邸宅に目を付けて襲撃を開始した。攻撃側は斯波義廉が家臣の朝倉孝景甲斐敏光を引き連れて勝久邸へ向かい、対する東軍は勝久の救援に京極持清が出動、一条通りを西進して斯波軍に攻めかかったが、朝倉孝景の反撃に遭い敗走した。京極軍の敗走後に赤松政則は一条通りから南に下がった正親町通りを進み迂回して斯波軍と交戦、斯波軍は長期戦で疲労していたため退却、屋敷で抵抗していた勝久は屋敷を焼いて脱出、同族の阿波守護細川成之の屋敷へ逃れた。  (wikipedia・上京の戦いより)]

京師地圖 : 全 : 中昔 – 所蔵地図データベース」(右絵図・絵図中央上方向、四条 立売ノ丁下に細川勝久屋形が描かれています。)

徳正寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が細川勝久邸跡に建つ徳正寺山門です。