新玉津島神社(北村季吟先生遺蹟)

マーカーは新玉津島神社(北村季吟先生遺蹟)です。

新玉津島神社(北村季吟先生遺蹟)
[和学者北村季吟(1624~1705)は,松永貞徳(1571~1653)に俳諧や和学を学び,古典注釈の著作活動などにも励んだ。天和2(1682)年,季吟は歌人藤原俊成(1114~1204)の邸宅跡に勧請された新玉津島神社の社司となり,元禄2(1689)年,幕府歌学方として江戸に下るまでこの地で過ごした。この石標は,北村季吟旧跡である新玉津島神社を示すものである。
所在地 下京区松原通烏丸西入南側(新玉津島神社前)
位置座標 北緯34度59分56.0秒/東経135度45分32.6秒(世界測地系)
建立年 1956年
建立者
寸 法 高126×幅17×奥行17cm
碑 文
    [北]
    北村季吟先生遺蹟
    [南]
    昭和三十一年十一月建之 新村出書
     某
調 査 2002年2月14日  (「SI015 北村季吟先生遺蹟 – 京都市」より)]

都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 新玉津島社」、 「巻之二 平安城再刻 新玉津島社解説
新玉津島社(拡大図)

[新玉津嶋社(にゐたまつしまのやしろ)
新後拾
新玉津嶋社歌合に神祇
玉津嶋手向るからに言のはの露にもみがく色やみゆらん  前大僧正光]

カメラ南方向が新玉津島神社で、鳥居左に北村季吟先生遺蹟碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*