新福菜館本店

マーカーは新福菜館本店です。

新福菜館本店
[新横浜ラーメン博物館によれば、京都ラーメンは1938年に京都駅付近で中国浙江省出身の徐永俤が始めた屋台が発祥であると言う。この人物が京都駅東方の下京区塩小路高倉(通称、高橋・たかばし)に「新福菜館」を出店し、現在に至っている。
新福菜館は本店1軒のみで、本店は京都駅東方の下京区塩小路高倉(通称、たかばし)。創業は1938年、店舗形態での営業開始は1945年と古く、京都一の老舗、京都ラーメンの源流・ルーツなどと言われる。鶏ガラと豚骨をダシとし、濃いめの醤油で調味したラーメンで、色はかなり黒い。見た目はこってりであるが実際に食すとあっさり味であるという京都ラーメンの一風潮を作ったと評する文献もある。第一旭本店とは隣同士という立地である。過去にチェーン展開をしていたこともあるが、現在はしていない。ただし、暖簾分けは行っており、「新福菜館」を名乗る店は全国に十数店舗存在する。  (wikipedia・京都ラーメンより)]

[1938年(昭和13年)屋台から始まったと云う中華そば専門店。営業時間:AM7:30~PM10:00]

新福菜館本店 京都駅前東塩小路 -中華そば専門店-

新福菜館 本店 (しんぷくさいかん) – 京都/ラーメン [食べログ]

新福菜館 本店 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が新福菜館本店