本圀寺跡碑

マーカーは本圀寺跡碑です。

[本圀寺跡
江戸時代、日本が朝鮮国から招いた「朝鮮通信使」は京都で滞在した。そのうち本圀寺は1636(寛永13)年以来定宿とされ、7回にわたり、一行約400名の宿館として用いられた。当初、本国寺という名であったが、中国や朝鮮の学問に憧れ、江戸で朝鮮通信使とも交流した徳川(水戸)光圀の帰依をうけて、のちに本圀寺と改めた。朝鮮通信使が来ると将軍の名代として代々の京都所司代が一行に挨拶に来て、饗宴を催すこととなっていた。1767(宝暦14)年の通信使の随員であった金仁謙(キム・インギョム)の記録「日東壮遊歌」によれば、当時の本圀寺は相輪をもつ五層の楼門があり、石や木竹を配した庭はよい趣があったという。1711(正徳元)年の「朝鮮人来聘ら付、公儀(幕府)ヨリ被仰出状御書付」という文書によれば、松陽院、本実院、松林院、本栖院、久成院など多くの坊舎塔頭が一行のために用いられたことが記されている。
 なお、本圀寺は1971(昭和46)年に山科区(現本國寺)へ移転した。]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 〈改正〉京町御絵図細見大成(1868年)」(絵図中央下方向に大光山本國寺が描かれています。)

本圀寺資料リンク
都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 本圀寺」(六条堀川の1780年頃の本圀寺図会)、「巻之二 平安城再刻 大光山本圀寺 (本圀寺)解説
本圀寺(拡大図)

都林泉名勝図会」・「巻之一 本圀寺(一枚目)」、「巻之一 本圀寺(二枚目)」、「巻之一 本圀寺解説

カメラ南南西方向に本圀寺跡碑と案内板が設置されています。