京都鉄道博物館館(梅小路蒸気機関車館)

マーカーは京都鉄道博物館です。

京都鉄道博物館
[京都鉄道博物館(きょうとてつどうはくぶつかん、英語:Kyoto Railway Museum)は、京都府京都市下京区観喜寺町に、2016年4月29日に開館した鉄道博物館である。西日本旅客鉄道(JR西日本)および公益財団法人交通文化振興財団が運営する。
2014年4月6日に閉館した交通科学博物館の収蔵物の一部と、2015年8月30日に閉館した梅小路蒸気機関車館の収蔵物を展示し、梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルを行い、オープンした。
京都鉄道博物館の開館工事にあたり、蒸気機関車の解体検査や修理に特化した専用検修庫を新設する。SL検修庫では、蒸気機関車を吊り上げることができるクレーンを設置し、検修庫を修理風景を見学できるよう、施設の一部をガラス張りにすることも発表している。
全体で展示面積は約31,000m²で、開館時点においては、JR東日本鉄道博物館埼玉県さいたま市大宮区、2017年に拡張予定)やJR東海リニア・鉄道館愛知県名古屋市港区)を面積・展示車両数で上回り、日本最大の鉄道博物館である。
また、梅小路蒸気機関車館時代から引き続き、構内施設の一部は車両基地(梅小路運転区)としての機能を保持している。
2016年4月28日、イギリス国立鉄道博物館との姉妹提携継続調印式が行われる。
京都鉄道博物館エントランスホール(入口)・wikipedia-photo、京都鉄道博物館本館内1階メインスペースの様子・wikipedia-photo、京都鉄道博物館本館内1階メインスペースを2階から見た様子・wikipedia-photo、プロムナードの様子・wikipedia-photo、トワイライトプラザの様子・wikipedia-photo、扇形機関庫・wikipedia-photo、「機関庫側から見た転車台。向かいの本館屋上にはスカイテラスがある」・wikipedia-photo、「B20形10号機(左)、C58形1号機(右)。」・wikipedia-photo、本館1階の引込線で展示されているカニ24 12(手前)とオハ25 551(奥)・wikipedia-photo  (wikipedia・京都鉄道博物館より)]

京都鉄道博物館ホームページ

資料展示館/旧二条駅舎 – Google Map 画像リンク」、「京都鉄道博物館 – Google Map 画像リンク」、「梅小路蒸気機関車庫/転車台 – Google Map 画像リンク」、「京都鉄道博物館 展望デッキ/スカイテラス – Google Map 画像リンク

梅小路蒸気機関車館(旧二条駅舎)のストリートビューです。

エントランスホールと本館とをつなぐ全長約100mのプロムナードのカメラです。

京都鉄道博物館本館入口のカメラです。

京都鉄道博物館本館1Fのカメラです。

カメラ北北東方向が扇形庫です。

扇形庫前のストリートビューです

梅小路蒸気機関車館
[梅小路蒸気機関車館(うめこうじじょうききかんしゃかん、英語:Umekoji Steam Locomotive Museum)は、京都府京都市下京区観喜寺町にあった蒸気機関車専門の鉄道博物館。西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、公益財団法人交通文化振興財団が運営していた。当館は2015年8月30日閉館し、拡張を伴うリニューアルにより2016年4月29日に京都鉄道博物館として新たにオープンした。
閉館時点で、旧梅小路機関区の扇形庫及び転車台を活用した「蒸気機関車展示館」と、旧二条駅舎を移築・復元した「資料展示館」からなっていた。
扇形庫は1914年(大正3年)に建設された鉄筋コンクリート造で、2004年(平成16年)12月10日に5t電動天井クレーン(1915年(大正4年)完成)、引き込み線とともに国の重要文化財指定ならびに土木学会選奨土木遺産に選奨された。
2006年(平成18年)にはJR西日本により、旧二条駅舎(展示館)と扇形車庫・保存されている蒸気機関車一式・点検修理の工具一式などが、準鉄道記念物に指定された。
旧二条駅舎は、1904年(明治37年)に京都鉄道が本社社屋を兼ねて建設した日本現存最古の木造2階建和風駅舎で、景観に配慮しながら平安神宮を模して造られた。
京都鉄道は1907年(明治40年)に国有化され、以後は国鉄→JR西日本の駅舎として利用されたが、1996年(平成8年)の山陰本線嵯峨野線)二条駅 – 花園駅間高架化にともなって駅舎としての役目を終え、1997年(平成9年)に本館敷地内に移築・復元して玄関口として使用、内部は昔の切符売り場などを残し、資料展示館として活用していた。
1996年4月に京都市の有形文化財に指定された。
扇形庫と転車台・wikipedia-photo、旧二条駅舎・wikipedia-photo
京都鉄道博物館へのリニューアル
2009年2月23日・24日の複数の報道によれば、交通科学博物館(大阪府大阪市港区波除3丁目11番10号)が老朽化し、手狭となっているため本施設を拡張して新しい博物館を建設。車両などの展示品の一部を交通科学博物館から新博物館へ移転し、交通科学博物館については規模を縮小すると報じられていた。そして、JR西日本は2012年12月19日に、2016年春をめどに新しい鉄道博物館を建設する計画を正式に発表した。それによると、地上3階建てで延べ床面積18,800平方mの建物を新築し、交通科学博物館から移転する車両も含めて約50両の車両を展示するとしていた。これに伴って交通科学博物館が2014年(平成26年)4月6日に閉館した。そして2013年12月19日に館の名称が「京都鉄道博物館」に決定したとのJR西日本からの公式発表が行われた。
梅小路蒸気機関車館は、2015年8月30日をもっていったん閉館し、2016年4月29日に併設される新館と合わせて京都鉄道博物館として再発足した。  (wikipedia・梅小路蒸気機関車館より)]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*